忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
今日に、関東地方でも梅雨明けとなったと。
平年より2日早いとのことだ。


面白いよね。
そんな日に、皮肉にも「涼しい」1日なのだもの。



さて、今日の話題。

●日本で交通事故に遭った・・・「相手の真摯かつ礼儀正しい
対応に驚いた」=中国
(2017-07-12 13:12 サーチナ)



中国に限らずアメリカなどでも<先に詫びると自分が不利になる>
から、交通事故の際など、「自分からは謝ってはいけない・・・。」
と考える、とは聴いていた。


しかし、在日の中国人の体験をレポートした上記記事なのだが、
あらためて具体的な経緯を間接体験してみると、ヒシヒシと文化の
違いにコチラだって驚く。

その意味で、この種の記事を読んでおくことは極めて有用だ。



日本人気の高まりの中、中国等アジアからの観光客が増加の一途を
辿り、リピート客も多いと聞く。

しかも初回のツアー・団体旅行から、リピート客の多くは家族や
個人でのパーソナル型旅行になりつつある。また、<買い物>需
要から「コト消費」へと、旅行自体も質的変化を伴うものになって
来ているという。

そしてまた、移動手段さえ、鉄道やらバスからレンタカーによる自ら
運転の”日本国内ドライブ”へと変化して来ているのだと。

それに伴い、すでに沖縄や北海道などでは、外国人レンタカーに
よる交通事故が増えて来ているとも聞く。



観光客にとり不慣れな日本の道路、いつ、我々がその交通事故に
巻き込まれないとも限らない。

その時、コチラが運悪く加害者になってしまった時は、日本人相手
と同じように誠意を持った対応をすべきと思うが、コチラが被害者
になってしまった時、上記記事にあるような、「自分の非を自ら認
めない人」とぶち当たるかも知れない。



まさか!の事態に巻き込まれてしまった時には、慌てず冷静に、まず
はその場だけで済ますことのないよう、警察官を呼び、保険会社にも
現場から第一報を入れ・・・・・といった、任意保険会社から手元に
来ている交通事故対応の手順通りに行なえるよう、常日頃からイメト
レをしておきたいもの。

(日本人だって、まさかの時に自腹で事故の損害を補なえないから
保険に加入している。相手が外国人旅行者の場合、帰国されてしまっ
たら”音信不通”になる恐れが大だから、相手の保険加入を証する書類
の写しを現場で入手しておくことも肝要だろう。口先で聴いてメモす
るなどではなく、コピーを取るとか。こういう書類がなければ、レン
タカー会社も車を貸し出さないはずだから、手元に所持しているだろ
う・・・。)


それから、相手が外国人の場合、まったくの単独行動は少ないだろう
から、同行者が何人かいることが想定される。

その同行者が、いわゆる『中立』の立場でなく先方当事者の味方に付く
場合が多いだろうから、コチラとしても、その場に居合わせた通行人や
目撃者の身元やら連絡先を教えてもらい、協力を仰ぐことも必要だろう。
(事故直後だけでなく、後日に必要になった場合の協力もお願いする。)

(今、外国人旅行者の急患医療費の<取りはぐれ>が、日本の医療現場
の経営を圧迫している現実もあるから、日本人との”感覚の違い”には
充分注意が必要だ。自分が善意だからといって、相手も”善意”とは思わな
いことだ。)



書き始めると長くなってしまうから、この辺にするが、いずれにしても
極端に言うと、この日本国内にいても、いつ何時『文化的衝突』の当事者
になり、その先の、交通事故の補償問題など複雑な事案の解決に向かわね
ばならなくなるか判らない。

今日リンクしたような記事との意識的な出会いや、普段から映画・テレビ
など外国のドラマ、ドキュメンタリー作品と接していることも、重要な暮
らし方だと思う。




人気ブログランキング     



PR


今日も暑かったけれど、ここのところでは一番の暑さだったか
な!?
笠間では、35℃だったというものな。



梅雨明け宣言はまだのようだが、今日は玄関前のシャラやら
サツキの植え込み、それから当方の事務所脇のサツキの植え込
みの剪定作業をした。


降雨の中では作業が出来ないこともあるが、それより、雨が続く
ようだと剪定した植木の切り口から細菌が入る恐れもあるから、
伸ばし伸ばしにして来ていた。



植木オタクの人たちだと、剪定した<切り口>を『傷口』とま
で言って気をつけるようなのだ。

それを知ったものだから、ま、大した植木でもないのだが、やは
り生きているのだもの『傷口からばい菌でも入ったら可哀相』と、
今日になった。



熱中症の心配もあったが、長袖の作業服までは考えず、Tシャツ
で作業したのだが、首の後ろが直射日光に無防備でもイカンので、
祭の手ぬぐいを探して巻いた。

それから、額からきっと流れ出る、汗をストップするためハチマキ
を探す。
「ホラ、あのハチマキあったろ?」家人に問えば、『もう、ヒンヤ
リ機能も無くなったから、とっくに捨てた。』だって・・・。
(汗ストップ用だから、ヒンヤリ機能は要らないノダ。)


ったく、首に巻く「手ぬぐい」を探しても、「わかんない!?」
「タオルじゃダメ???」
「ダメに決まってんだろ!!」

あ~~た、今から寒風吹きすさぶ表に出るなら、タオルも防寒マフ
ラー替わりになるかもしんない!?
けれど、真夏の直射日光を避け、首から脳に向かう動脈を守るため
の「手ぬぐい」だと言うのに、タオルじゃダメに決まっとるじゃな
いの!!

第一、今のタオルじゃ短くて、中尾彬のネジネジマフラーみたいに
首に巻けやしないの!!


そんなドタバタの後、悪戦苦闘・・・・、やっぱ暑かったし、長時
間の作業で、身体を屈めたり伸ばしたり、言わば屈伸運動に近い作業
の連続でボッコボコ。
普段やり慣れていない運動で、背筋・腹筋の退化を痛感でしたナ。

庭の手入れをしていて、今日の暑さをメチャ実感したのに、植木に
水遣りもしないで引き揚げるのも気が引けて、最後には水遣りをした
から、結局18時半を過ぎるまで肉体労働の半日になった・・・。



娘が出産して3週間目、入れ替わり立ち代わりこの幼児のお祝いに
お出でいただく方々が絶えない。
来週初めには、家人の母とその家のお嫁さんが来る予定。

もう少し経って、子どもの首が座った頃には娘夫婦も顔出しするだろ
うから、わざわざ暑い中来なくたって・・・・、とは当方の言い分だ
ったのだが、『それでも来る』ことになったので、もうジイジになっ
てしまったオムコさんとしても、玄関前の植木など<草ボウボウ>で
もシャーないもの、今日の厳しき暑さの中の剪定になったのでした。

もう、いつでもど~ぞ~・・・・・のココロ。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

今朝の新聞の読者投稿欄に、朝からちょっとウルウル。

大阪府富田林市の山本芳子さん(75)の投稿で、先日の陸上日本選手
権男子100mの観戦に2日連続で行って、『血管年齢が40代に戻っ
たように興奮した』と綴っていた。


当方もサニブラウン選手が優勝した、この100m決勝の瞬間はTVで
観たのだが、なによりこの時、雨だったのが残念でしたよね。

テレビで「日本人初の9秒台」が出なかったその一部始終は、当方だっ
て見届けはずなのでしたが、やはり、スタンドで見届けた山本さんの投
稿は凄かった。

その場で体感し見届けた人のその空気感に、つい涙した今朝でした。


山本さんの投稿から、その部分を引いてみます。

『-(略)-決勝はあいにくの雨でしたが、いざスタートという瞬間、
場内の傘が一斉に閉じられました。この10秒のために共に何時間も待
った後方の人たちが少しでもよく見えるようにという、観衆たちの気遣
いの景色でした。-(略)-』
(読売新聞 2017年7月15日(土)付『気流』欄より)


●2017日本選手権陸上男子100m決勝 (YouTubeより)



今日の剪定作業、Tシャツ、首の手ぬぐい、汗止めのハチマキとも濡れ
雑巾のように汗でビショビショ。
なのに、朝測った体重から足ったの300グラムしか減っていなかった。
減量というのは、チビシイな・・・。




今日のニュースでの、内閣支持率世論調査の結果ではついに、
30%を割り込む結果が出てしまった。

国民の怒りの鉄槌はとどまるところを知らず、自民党一強体勢
とか言われていたついこの間が、ウソのような塩梅だ。


●安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6
%-時事世論調査
(2017年07月14日15時03分 時事通信)




この時事通信の7月の世論調査というのは、7月7日から10日に
実施した調査というから、先に発表された報道各社のそれと調査日
に大きなズレはない。

11日に読売新聞が報じた各社の世論調査の結果を引いてみると、
読売新聞(7~9日に実施)内閣支持率36%、朝日新聞(8,9日)
支持率33%,NHK(7~9日)35%、NNN(日本テレビ系)
(7~9日)32%とあり、この時の読売の見出しが『支持続落「空気
変わった』(2017年7月11日付読売新聞)


しかし、上記のよう調査日は他社とほとんど変わりが無いにもかかわら
ず、よりによって、<後出しジャンケン>のように最後に出て来た時事
通信の世論調査の結果が、ダメ出しの<30%割れ>とは、それでなく
とも「気にしている」安倍さんにとっては、泣き面にハチの一刺しじゃ
ないの!?



ここで俄然盛り上がる野党各党なのだが、薄れかけていた二重国籍問題
でまたまた「戸籍を出すとは言っていない」とか何とか、自分のことは
棚に上げて青筋立ててがなり立てるどこぞの党首さんなど論外だからし
て、与党の自助努力がどうなって行くのか・・・・、ま、そちらの最後
のチャンス!!に本気になるのか?
そこの見定めなんでしょうね。



●自民・石破氏、内閣支持率下落は「自然現象でない」
(2017年07月13日03時04分 TBS)


この石破氏だけでなく、ついこの間までなら自民党内にかん口令が敷か
れているように、安倍一強ファシズムのごとく自民内部の声など聴こえて
来なかったのだが、派閥の領袖のひとり・岸田外相の声やら、東京都選出
の国会議員各氏の「都議選惨敗は自民党運営のトバッチリ」などの声多数
等、漏れ聞こえて来るようになって来た・・・・。

イイことじゃないの、と思うな。



人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。


今日の日中も暑かった。
この暑さ6日連続だそうだ。今日の館林も気温37.4℃だ
ったとか・・・。



我が地笠間では、16時過ぎからは曇って来て、今日の夕方
には、久々ホッとした気分に。

雷雨があるという予報なもので、「雨がありそう・・・」と判っ
ていて庭の水遣りもアホな図になってしまうもので、少しヤキ
モキしたのだが、今の時間になったらいよいよ雷鳴がして来た
から、降るかも知れないナ。

ネットニュースでは、福島いわきから茨城県北・北茨城市にか
けては、大分凄い雨が降ったようなのだが、さてこの辺ではど
うなるか?



暑さが続くと、夜の<寝苦しさ>もハンパないのだが、気温や
湿気は勿論のことだが、人によっては、騒音まで行かずとも、
自然そのものから流れる音、声さえノイズと感じて眠れなくな
る人もいるのだとか・・・。

●田舎は本当に「都会より静か」と言えるのか「虫とカエルの声
で眠れない」と気になる人も
(2017年07月12日07時00分 キャリコネ)




随分前に聞いた話に、県南のある街に住宅を買って都内から引っ
越した人が、家のすぐ裏にある田んぼの、カエルの大合唱に眠れ
ないから、すぐ駆除してくれ!と市役所に持ち込んだというのを
聞いたことがあった。


我が住まいの高台でも、ちょうど5月の田植えも終わった頃の田
んぼからは、夜の12時前あたりまでは、カエルの大合唱が聴こ
える。

幸いに、田んぼのすぐそばではないもので、このカエルの鳴き声
は、初夏を告げる風物詩として結構味わい深い。

この鳴き声、夏中啼いている訳ではなくて、田植え時期の5月初旬
から1か月ぐらいのことで、その後は不思議と、ピタッと止まる。


そんなことで、「市役所に、眠れないから、(カエルを)駆除し
ろ!!」の話を聞いた時には、何たるアホかいな!?やなら、はじ
めっから引越してくるな!!と思ったものだった・・・・。


でもね。
今日リンクした記事を読むと、「ド田舎出身者」にも環境音で不眠症
になってしまう人もいるとのことなので、ま、そういう方にはただた
だご同情申し上げましょう。



今日のリンク記事に「虫の音」を『当たり前に』ノイズと書いていた
のには驚かされた。
日本人でも、今の若い人には「虫の音=情緒」と捉えられず、「ノイズ」
と感じてしまうマインドが生まれているのだな。



昔何かの本で、ある日本人がどこか西洋の国で暮らした折に、セミが鳴く
のに『セミの声』を聴き、秋のムシが鳴くのに『ムシの音』を聴いた時、
同行していた西洋人には<それ>が全然聴こえていなかったというのを
読んだことがあった。

西洋人には、ただムシの「じーじーじーじーじーじー」は雑音。
つまり、日本人に教えられてから、初めて聞き耳を立てた時にやっと聴こ
えたそうで、それまでは彼らには、ノイズだから聞こえていなかったと言
うのだ。
(ノイズだから、西洋人の耳は無意識に受入れを排除して、聴こえなく
している、ということか?)



「あら、セミが鳴いてる・・・・・。」
日本人がそう言っても、西洋人には<言われるまで>聴こえていないんだ
そうなのだ。

ホントかどうかは知らないのだが。



人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

田舎のネズミの当方だから、自然の中の鳥の声、虫の声ぜぇ~~んぶカム
カムなのだ。
でもそうは言っても、これからの季節、団地の公園が街路灯で一晩中明る
いからだろうが、その公園で夜中じゅうアブラゼミが鳴いているのには参
りますナ。
「夜は寝るもんだろ。いい加減にせいヨ!!」と怒鳴り付けたくなります
なァ~。



2,3日前には、夜中の1時過ぎに布団に横になったら、外でカラスが
「カア、カア・・・・」
明らかに空の方でしたね。

夜中の1時過ぎに、飛んでいるカラス。

借金"鳥”に追われ、夜逃げの途中のカラスだったのか知れないが、地球変動
の時代だからか、昔なら考えられないコトが起こってますなあ・・・。




秘書イジメの言動がテレビのワイドショーを中心に、それこそ
何度も流され、その衝撃度が国民を唖然とさせたが、ご本人は
未だに病院に雲隠れ・・・という後味の悪さ。


かの衆議院議員・豊田真由子さんのことだが、今日にはこれま
た”衝撃的”記事に出くわし、メマイを憶えた。


それが以下の記事。

●豊田真由子議員を擁護する地元民の声「地域の小さな行事にも
顔を出してくれていた。みんな報道を悲しがっている」
(2017年07月10日15時44分 SPA!)




豊田議員の地元埼玉四区のうちの、朝霞市出身という鈴木亜紀記
者のレポート記事なのだが、それによる上記のリンクのように
『品行方正、よくやってくれている議員様』というのが、地元で
の、手堅く定まった評判だったというのだ。


学生時代から東京に出てしまって、地元とは疎遠になってしまっ
た記者が、記事を書くにあたり母親にまず連絡したところ、『豊
田さんを悪く書くなら取材は受けない。地元の人は今回の報道を
とても悲しがっている』(SPA!より)


記事には『老人会や商工会、子供たちのサッカー大会など、どん
な小さなイベントにも呼ばれたら挨拶を地元の人と交流していた
(朝霞市在住の主婦)』『・・・(略)・・・誰も彼女のことを悪く
言わない(新座市在住の介護職員)』とも書いてあり、この記事を
読む限り、なべて今回の悪行報道とは真逆の地元での評判なのであ
る。


しかし、”待てよ!!” なのだなァ・・・・・。

どこぞの人里離れた山深いド田舎の選挙区でなくて、埼玉四区という
首都圏の選挙区だというのに、この”有様”とは、一体どうしたことな
のだ?と、ここで、大いにめまいを憶えたのだ。

議会制民主主義の根幹の、選挙による我らが代表者の選出をしたハズ。
いわゆる民主主義による気高い「選良」を選んだハズではないのか?

それが、自分の秘書に対しパワハラ三昧。しかも、暴力行為にも及んで
起訴が視界に入っているような事態だ。


ところが、選挙区の実態といえば、老人会、商工会、子供のサッカー大
会など地元にチョコマカ顔を出してくれていたからイイ先生・・・。



先日テレビを観ていたら、TBSテレビだったかに出ていた政治評論家
の伊藤さんだったかが言っていて知ったのだが、国会議員が会期中の週末
に度々地元に戻り<動き回ること>を「田の草取り」と言うんだそうだ。

なんじゃソラ???????

地元の老人会、商工会、子供のサッカー大会、盆踊りなどに顔出して
挨拶やら握手攻めすることを「田の草取り」

つまり、有権者を人バカにして、投票してくれることだけを狙い、握手攻
めすること。選挙民という「人」どころじゃなくて、一票の「コメの粒」程
度に見做している隠語だそう・・・。


豊田議員も東大卒の元官僚、バカじゃないから、セッセコセッセコ埼玉四区
の「田の草取り」をしていただけなのに、地元のオッチャン、オバちゃんっ
たらバカですね・・・・。『みんな報道を悲しがっている』(上記SPA!
記事)と、マジ豊田議員に心の底からコロッと騙されてしまっている図なん
だなア。

さすが、元々東大現役合格の女子だから、受験戦争を勝ち抜くだけあって
議員になっても『議員のイロハ・傾向と対策』もバッチリだったワケなんだ
なと、ここでも感心したことだった。



人気ブログランキング     
よろしくお願いいたします。

選挙区は「票田」というから、いわば田んぼだ。
で、その自分の選挙区をせっせこ耕さないと、ライバル候補の出現などの雑
草が生えて来る。

よって、会期中など地元選挙区へ「金帰火来」、金曜日夜に選挙区へ行って
土日中心に「田の草取り」して、火曜朝までに東京千代田区永田町へ戻る。

これをマメにしないと、次回選挙で落選の憂き目に遭う。


受験勝ち組の女子は、この点やはり抜け目が無かったのが今日の記事で良く
わかった。

・・・・・・それにしても、地元でのマメな活動を『田の草取り』とは
いかに選挙民をバカにしている言いぐさか。

そのバカにされていたことも知らずに、いまだに豊田議員を悪く言う人が
地元にいないって、つくづく「清き一票」を持つオジちゃん、おばちゃん
とはアホだなあと思う。

ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 9
10 11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(09/16)
(09/15)
(09/12)
(09/08)
(09/06)
(09/04)
(08/27)
(08/24)
(08/23)
(08/19)
(08/14)
(08/12)
(08/11)
(08/09)
(08/05)
(08/04)
(08/03)
(08/01)
(07/31)
(07/30)
最新コメント
(09/07)
(07/29)
(06/17)
(08/24)
(10/11)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]