忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2421] [2420] [2419] [2418] [2417] [2416] [2415] [2414] [2413] [2412] [2411]
今朝は、昨日の予報では曇りのはずだったのだが、目覚めると
結構強い雨が降っていた。

一日の始まりからして、ガッカリの朝だった。


昼前には雨も上がり、ある作業の方の来訪があったのだが、そ
の方、学生時代には行政書士試験の勉強もしたことがあったとか
で、エライ前のめりの話をするもので、拙事務所内部も覗いて
貰ったりして、結構盛り上がった。


要件は別のところにあったのだが、肝心のその話を押しのけての
脱線・・・・・は、こちらにも小気味のいいひとときだった。




さて、夕方近くにネットを覗いていると、まったくの偶然に下の
ようなページに迷い入り、しばし感慨に耽った。

●まるでSF!地下70mのホームまで10分かかる群馬の土合駅
 【現地ルポ】
(2019/08/30 12:30 TABIZINE
                 ・・・msn ライフスタイル)




実は、かれこれ20年ほど前になろうか、このJR土合駅で一泊し
たことがあって、上記ルポを読んで大変懐かしく読んだのだった。



季節は、この8月30日ほどに夏が押し詰まってはいなかったが、
まさに8月の頃だったのは間違いない。


新車のレガシィで、一人ドライブをし、尾瀬の群馬側の入り口、鳩
待峠の手前から奥利根の山道を走る途中でのことだった。
山岳雷雨の中、ピンポン玉ほどもあるヒョウに見舞われ、山道にせ
り出す木の枝下を探しながら進んでいると、前方からのマルハ○真綿
の看板車とすれ違った。


新潟側から来たと思われたその車、山中のこととて、人っ子一人い
ないヒョウに見舞われる中で、車の窓越しにコチラに向かってニタリ!
と笑った・・・・。

なんとも底意地の悪い、薄気味の悪い表情だった。

<新車がボッコボコ!ざまあみろ!!>



そんなことがあってから、やっとの思いで群馬県・湯檜曽温泉土合に
辿り着いた。
今走って来た方向の、奥利根の稜線にはまだまだ雷雲が棚引き、遠く
稲光もしていた。


車を降り、上記リンク記事にある写真の1枚目の土合駅駅舎を入って
左側に、木造のガッチリしたテーブル、それを挟んで2基の木製ベンチ
があった。

夕方5時前だったが、リュックからビールやつまみ、奥利根に入る前の
どこでだったか調達した食料を拡げ、ひとり宴会を始めた。

もともとこの駅は無人駅になっていたが、この日は人っ子ひとりおらず
に貸切状態で夕餉を満喫したな。


今夜はここに寝袋を敷いて寝ようと決めていたら、夜も7時半の頃になる
と、外に車のエンジン音がして、2人の若い男が駅に入って来た。

「外の車、おじさんの?」とか訊いて来て、当時まだ当方も若かったから
ケッ!<おじさん>という言葉が勘に触り、駅を出ることにした・・・。



ま、テレビ番組的に言えば、見ず知らずのもの同士が偶然めぐり逢った縁
を温め、盛り上がった一夜を過ごすのだろうけれど、昼間のマルハ○真綿
の件もあって、そんな気も起こらずに、さっさと愛車に退散したのだった。


さて、このJR土合駅が「日本一のモグラ駅」とは知ってはいたが、駅に
入った時には、まったくの「一人」だったし、とてもじゃないが、気持ち悪
くてホームまで降りる気にはならなかった。

今日のルポ記事の写真で、気になっていた土合駅の内部が見れて、宿題の問
題を20年ぶりに解いたようなイイ気分になった。



さて、その翌日早く、洗顔の為にウロウロして再び駅舎の中に入って行くと、
昨日の若者は2人のはずが、床には遺体袋というか大きな芋虫状というか、
そんな物体が床面の壁際に沿って3つ、4つと転がっていた。
スッポリと袋状であり、どこにも顔はなかったな。

当方が退散したのは午後7時半の頃だったと思うが、その後にこの駅舎に
辿り着き、何ほどかの食事を終えて眠りに就いている「一人登山者」と思わ
れた。

ゴロリと床面に、まんまだものな。

アウトドアの真骨頂。



リンクした【現地ルポ】の写真の最後のものに、土合駅駅前の写真がある。

当方が寝た時は、自分の車1台だけだったが、この写真には結構な数の車
が写っている。
駅前には人家さえないような場所だから、これらの車は谷川岳への登山者の
車だろう。


その日の朝、駅前広場に迫る向いの山並みの上には、薄白い月が浮かんでい
た。

今日あたり、土合にはもう赤とんぼが飛び、ススキの穂が出始める頃かも知
れない。




人気ブログランキング    
 よろしくお願い致します。

 当時の休み明け、職場に戻ってヒョウの話をした時、新潟大ワンゲル部出身
 という同僚「レガシィは、アウトドア用のRV車だもの、ヒョウぐらい当た
 り前でしょ!?」

 しっかしなァ、夜のコンビニ駐車場で店舗の照明越しに車を見ると、車体一面
 ポツポツポツ・・・・・・・・・・と星の数ほどもある小さな凹み。

 諦めが付くまでまでには、日数を要した苦い思い出。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]