忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2419] [2418] [2417] [2416] [2415] [2414] [2413] [2412] [2411] [2410] [2408]
昔単身赴任していたことがあって、今でもその地域の香りを嗅
ぎたいからか、毎日その地域の地方紙のネットを覗く。

今日のコラムは以下のようだった。

●日報抄 2019年8月28日付 (新潟日報コラム)



読んでみてヘェ~~と、感心しきりだった。


記事によると、長岡市にある小さなペットショップが市内周辺
に手書き看板を設置し、その数500枚にもなると。

市民には、故郷の風景として切っても切れないものになってい
るのだとか。


確かに見るともなく、目に入って来た「ボンカレー」の松山容子
やら大村昆の「オロナミンC」、何の商品だったか、由美かおる
の肢体は遠い記憶の中にも鮮明に残像が残っている。

これが、沿道を走る長岡市民の目には、「松田ペット」の看板だ
そうなのだ。



そんなことで、当方もヒマでもないのだが、この「松田ペット」の
手書き看板が気になって、ネット検索をしてみたら、意外といろい
ろヒットしたのには、これまたビックリ!!

ヘェーーー。

この屋外看板に魅せられ、どこの御仁かまでは不明だが、なんと、
長岡周辺を歩き廻って撮影断行して、揚句にはそのコレクション
を写真集?にまでしてしまった方までいるそうな・・・。


凄い話だ。


当方の地元でも、畳屋の若ダンナの写真がニッコリ微笑む看板やら、
住宅外壁塗装工事を謳う、お若い社長さん自らお愛想タップリに微
笑む屋外看板が立ってたりするが、その<商魂>に反感を憶えるこ
とはあっても共感を持ったことはないな。

それに反し、松田ペットの手書き看板3種の犬、その表情が微妙に
異なることも御愛嬌で、500枚もの看板の数に熱意すら感じる。

共感って大事だよな。


日報抄コラムでも『心に残る看板』と書いている。


●黒目がちな犬が長岡で待ってる『例の看板 フォトグラフ・コレク
ション』現物を見に行きたい、たぶん行く
(2018/09/01 09:45 エキレビ! とみさわ昭仁)




当方の経験では、あるひとつの記憶が今も心に残っている。
地元笠間市から黒磯方面・那須塩原市へ向かう国道294号線沿いの
ある建物、2階建ての倉庫然とした建物の外壁にあった広告だ。

それは、イラストひとつない飾り気のないもので、外壁の2階から1階
にかけて、大きな文字だけで書かれた、いわば経営者からの檄文だった。

正確には忘れたが、内容的にはこういうもの。

『お~い、おれのトコの堆肥はイイぞぉ~~!
作物がよ~く育つぞぉ~!!』



この文字だけの広告が、社長の自信と心意気を語っていた。

ただし、手書き文字とかではなくて、キチンとフォント文字で書かれていて
節度も窺えたものだった。



なによりも、この心意気に「頬ずり」したくなるような感動を憶えたのだが、
何分にもコチラは農家でも何でもなかったから、ただただ、車で通り過ぎた
のだった・・・・。

実際ここの広告主が、頬ずり出来るようなお肌ツルン、ツルンだったか、
はたまた御髭ボーボーだったかは未だに知らない。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]