忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
●日報抄 2018年12月12日付 (新潟日報コラム)


冒頭に地方紙のコラムを引いたが、この記事の記者は、若い頃は
新潟特有の気象がイヤだったと書き出していた。


ある時期、単身赴任で新潟に住んだことのある当方なども、毎日、
毎日ドンヨリと鉛色の空が終日の上に、しかも、音もなく降り積
もる雪が続き、ウワっと吠えたくなった時だってあったな。


しかも、NHKの「おはよう日本」が放送されている、朝のその
時間帯の一瞬だけ、ものの2,3分だろうか?ふっと、厚い雪雲
の間から、一條の日の光が射す瞬間がある。
「おっ?今日は晴れるのか・・・・」

ま、その日の光も一瞬だけのことで、またまた長い雪国の鉛色の
世界に逆戻りし、音もなく雪が降りしきる現実に引き戻された。


上記コラムでも「東京での、大学時代の晴天の冬」にも触れている
のだが、JRの駅まで長靴を履き、転倒しそうなのを堪えながら辿
り着いて、東京での会議に出向くと、お昼のビル街の路地を歩くサ
ラリーマン達は、白いワイシャツを腕まくりしていたりして、茨城
育ち俄か新潟からのお上りさんの当方でも、そいつらに<殺意>さえ
持ったと言っても過言ではない。



そうなのだった。

元日の前後から降る雪が、春3月までの、スッポリと雪に閉じ込めら
れるその雪国の、根雪になるものだった。

そして、その本格的な雪の前に何日も雷の夜になるのだった。

茨城生まれの当方など、雷は「夏」のものとインプットされていたの
だが、新潟ではちょうど今頃の季節に多発するのだった。

単身赴任の寒い夜中に、結構な大音響のカミナリが夜中じゅう響き渡り、
そのうちいつの間にか寝入り、朝を迎えていたりしたもの。

雷は夏・冬どちらが・・・・と比べてみると、厳寒の真冬のそれは気分
のイイものではなかったな。


さてさて、冒頭日報抄の記者は、ある程度の年齢を経た今、やはり生ま
れ育った故郷・新潟が好きという書きぶりで結んでいる。



当方は昨日、地元笠間で「民泊」の先鞭をつけた3軒の民家への見学会
に参加して来た。

参加者は20名ほどとこじんまりしていたが、さすが、地域のトップラン
ナーたらんとする人たちだ。
勉強はしているし、何しろマイクロバスで移動する車中でも、まあ、喧し
いぐらいに会話が途切れない。


3軒目の海外体験も豊富なお宅での、インバウンドの宿泊者にも好評という
餅つきの後、その納豆モチ、あんこモチ、黄粉モチ、おろしモチを御馳走に
なってのミーティングで締めた。

なかなか、リアルなホスト体験談、料金設定、サービスと「サービスしない
ことのサービスの機微」などなど、いろいろ勉強になった一日となった。



「民泊」など東京やら都市部でのこととタカを括っていたのだが、なかなか
どうして、茨城、しかも<な~~んにも無い>と思っていたここ笠間でだっ
て、現実にニーズがあるのが理解出来た。

笠間での住宅宿泊事業法に基づく登録者の1番目、2番目、3番目というト
ップ曳き3名に、石岡市での登録第1号者など意識高い系の面々。アンド
その真後ろを狙う方々だから、寒い日だったが議論は前向きで熱かった。

で、その方々「故郷笠間が大好きなんデス!!」





ジョン・デンバー『故郷へかえりたい』 (YouTubeより)

 (上記の日報抄中で紹介されていて、グググと思い出しちまいましたね。)



●民泊 (ウィキペディアより)

●Airbnb (ウィキペディアより)




人気ブログランキング     
よろしくお願いいたします。
PR


先日のM1グランプリ終了後も、当日の審査員のコメントの言葉
尻を捉えて、アレコレと論争になっていて喧しい。


番組そのものの視聴率も18.8%もあったというから、今どき
単なるいちテレビ番組を超えて、"ビッグな社会現象"だったとも
言える。
一夜の"お遊び事"として笑って流せない人々もいるのだろうし、
社会的関心事としては、無視出来ないレベルの事という熱い意見
もあるかもしれない。


ま、何にしても、国民の大概がスマホを持つ時代で、あっと言う間
に写真がアップされ、あれよと言う間にコメントがSNSにアップ出
来る時代だから、油断もスキも無い時代なのだろう。

そして、そんなMyスマホを武器に、人それぞれが「あっ!」とか「
うっ!」とかの間投詞レベルで、ガヤガヤと意見を言える時代がその
背景にある。



さて、今日の話題に。

これだって、昔ならお笑いのネタにあった『訴えてやる・・・!!』の
レベルのことで、世の中の大概は<そうは言っても、(訴えるのは)
冗談デショ?????>のことだったハズだ。

それが、ホントに訴えてしまったの????????というレベルの
ニュースだ。


●「カーナビに従い走り車に傷」修理費請求 地裁、男性の訴え退ける
(2018年12月05日 10時03分 毎日新聞)



記事には、カーナビ製造会社と地図データ作成会社に、車の修理費用支
払いを求めた原告の男性の年齢が書かれていないから判らないが、幾つ
の方がこんな訴えを起こしたのか、そこにも興味が湧いた。


今の世の中、日本の全就業者の約半分は低収入の非正規の方々だったりす
るから、30,40年前のバブル時代と異なり、車だってそうそうは買い
替えたり出来ない。
その意味では、今の方が「車は大事な財産」の意識が強いのかも知れない。



よって、タウン走りでなく、山道を走る可能性の高い寺社巡りの原告が、
自分の趣味性向を棚に上げて、カーナビの案内だってそんな道を選ぶ可能
性が高かったにもかかわらず、『道にせり出した草木で車に擦り傷が付い
たのは』カーナビのせい。
「どうしてくれるんだっ! 訴えてヤル!!」・・・・。

で、ホントに訴えた。



なんでこうも、子供じみた大人がいるんだろうネ?


おお、いまあらためて記事を読み直してみたら、原告の車はスポーツタイプ
多目的車(SUV)と書いてある。

本来、未舗装の道なき道を走る設計の車がSUVのハズで、草木で車が擦れる
などというのはモノともしないで走る車なのだ。


やですね。

アフリカのサバンナとかサハリの砂漠地帯を疾走する設計の車だというのに、
山形県最上地方の観音札所巡りの山道で「草木で車に擦り傷」で裁判にまで。

話がビンボー臭くて眩暈がしたナ。



いや、気持ちは解かるけれど、ね。
それがニッポンジン、それが日本なんだね。


裁判の経緯、判決文の趣旨は上記記事を読んで見て下さい。




人気ブログランキング     
よろしくお願いいたします。

早いもので、今日からは12月だ。
いよいよ冬らしい気温になって来て、身体も緊張する季節だ。


毎月のことながら、月初めの今日、その都度手帳に入れて来た
もろもろのスケジュールをカレンダーに記入して、今月の準備
が完了だ。



月イチで行っていたある歌声広場は、来春までの予定で会場の
空調設備工事が入ってしまって、目下休止中。

半年近く休止となるのだが、個人的にも"歌わないまま"でいると
窒息してしまう恐れもあったから、何かと嗅ぎ付けて類似の催し
を物色してみたら、都合3日も予定が入ってしまった。


参加者が100人近くにもなる毎回盛況のもあるし、小人数なが
ら長らく合唱指導をされて来ている方々が参加者で、そのまた上
を行く方が先生というグループの会もある。
そこで歌うのは、唱歌や合唱曲に限られ、<歌謡曲>などトンデ
モない!という感じの会だ。

歌う曲全部が譜面に則り「ここ、フェルマータがありますから、気
をつけて・・・・」と先生。
「ハッ!?」「それ、何じゃら?」と小声で独り言を言えば、脇に座
ったおばさまが即座にカクカクシカジカ。
「はあ」と小生。
そんな歌う会が2つ目。


それから先日は、歌わない毎日がグルジくなって、朝も早くから水戸
市内まで車を飛ばして、道場破り的に参加して来たグループは参加者
が40名を超えていた。
こちらは歌謡曲・フォーク カムカムの会だったからグー。
今月は我が笠間に出張って来てくれるらしいからニジュウマルだな。



100名も参加者が来る会は、特定の個人だけに日が当たることもなく
公平ではあるのだが、行って、座って、只歌うだけ歌って、黙って無駄
話することもなく帰る・・・だけ。
ま、これでは、いろいろやって来た体験からすると詰まらないんだなあ。


2つめの譜面に沿ってキッチリ音楽をする感じの会は、今までやって来
なかったから目新しいといえばそうだ。

それから、歌の基本はどのジャンルであろうが、腹式呼吸が基本だ。
その意味で先日は、歌謡曲とかフォークとかを前のめりでガなるより、唱
歌を丁寧に歌う方が、腹式呼吸の基本が出来るように実感したな。


まあ、そんなこんなで、12月は予定3日のうち、ひとつは消して2日ぐら
いの参加に絞って参加しようと思っている。




●日報抄 2018年12月1日付  (新潟日報 コラムより)


今日のコラムは作曲家、遠藤実さんを取り上げているのだが、なかで同氏の
作品『北国の春』が出て来ていた。

作詩は弟子のいではくさんで、ふたりの名作が今や東アジア全体の様々な大衆
の心にも響いていることは、つとに有名な話だ。



ワタクシごとながら、今休止中の歌声広場では事前にリクエストしておけば
希望の曲を歌わせてくれる珍しい方式でも行ってくれていた。

次回には・・・と考え、自分なりに練習もしていた歌があったのだが、残念なが
ら休止で伸び伸びになってしまっている。



今日上記の日報抄をリンクしたのは、当方の練習曲が、奇しくも作曲遠藤実、作
詞いではくという、『北国の春』と同じゴールデンコンビの曲だったもので、
長々と歌声広場周辺のブログとなった。


●「一緒に暮らそう」 作詞:いではく 作曲:遠藤実 (YouTube より)



元歌は細川たかしの曲なのだが、あまり売れなかったのかインターネットの
どこを探しても出て来ず、milkye326さんという方がカバーしているのを引いた。


milkye326さんは、熱心に様々な歌をYouTubeにアップしている方で、中高年層を
中心に固定ファンが付いているようだ。

当方も、細川たかしがないから代用でこの人のを引いたのではなく、押しつけが
ましさのない、抑制の利いた歌唱法に魅かれて選んでいることを申し添えて置き
ましょう。





人気ブログランキング    
よろしくお願いいたします。

昨日は県北の日立まで出向いたが、警察署のロビーには、OBの署員が描いたという、
もうクロウトはだしの見事な絵が展示されていた。
タイトルが『冬日』だったかな・・・。

漁具のガラス玉を描いた静物画で、その画力の高さに唸った。

『冬日』という題にも魅かれました。 

今年もあと1か月か。







昨日は車庫証明の依頼のあった県北地区まで出向き、帰ったの
は、すっかり日の暮れた18時半を回っていた。


行った場所というのは、かつては当方が生まれ育った町で、ほ
ぼ全域をそれなりに把握している場所のつもりだったのだが、
ここの警察署が移転をしてからは、とんと縁がなかった。

閉まるギリギリの時刻に到着の見込みになってしまい、タブレ
ットのナビに頼るしかなくなって、結構な時間を電源ONで走っ
たな。


行ってみれば、あらら、立派な警察署になっていて昔とは大違い。
ただ、中に入ってみれば、キレイな室内なのだが対応してくれた
婦人警官のオバハンは、今どきエラそうで、韋駄天走りで半日でこ
こまで辿り着いたというのに、疲れがドッと出た。

県内各所のそれは、結構古い建物が多いのだが中で働く署員の方々
の感じがイイところが多い。
それに引き換えココはチト違った。

建物の作りは、筑波中央警察署にそっくりでモダンな雰囲気だった
のだがな。



さて、今日の話題だ。

●「すっぽん刑事」が明かす、いい泥棒と悪い泥棒の違い
(2018年11月28日07時00分 NEWSポストセブン)



ま、中身は読んでもらうとして、別段これを取り上げたのに大した
意味はない。

普段もあまり刑事ドラマは観ない方なので、毎回録画取りまでして
観ているウチの家人とも共通の話題になったこともない。

ただ、日夜治安の維持のために粉骨砕身努力をされている警察関係の
方々には、感謝しかないのだが・・・・。


そうこうして、寝る前のころにNHK-BSで録画しておいた古い映画を
観た。

1973年製作というから、もう大昔に近い年代モノの映画で、タイ
トルが『暗黒街のふたり』といった。

名前からしててっきり、ギャング映画とばかり思っていたのだったが、
かつては銀行強盗をして逮捕・服役の後、堅気としての生活を始めた
青年が、今では警部になったかつての刑事に、云われなき疑いの目で
見られ執拗に監視され続けた結果、最期には我慢の臨界点を超えてその
警部の首を絞めて殺してしまうことになった耐えがたい物語だった。


映画のところどころで既視感が蘇ったから、いつだったか、観たことがあ
ったのだろう。


それにしても、権力を持つ体制側の人間に(理由のある)反撃でもすると、
結局は取り返しのつかないことになるという、何ともやり切れない現実を
見せ付けられた。


しかしなあ、今はどうか知らないが、フランスでの死刑執行の方法が、ギ
ロチンというのだから・・・・。

フランス人によると、ギロチンは一瞬だから絞首刑のように苦しまなくて
済み、死刑囚のためにもイイのだと主張するらしい。



今執行される死刑囚役のアラン・ドロンが、一瞬振り向いた時のその眼が
最後の場面!!


自分の中では、アラン・ドロンの映画で、一番の映画として記憶されること
になりそうだ。



●暗黒街のふたり
(劇場公開 1974年4月    映画.com)






人気ブログランキング   
よろしくお願いいたします。

今の時代、携帯電話があって、いつ、どんな場所にいても電源がON
になっている限り繋がってしまうから、油断もスキもあったものじゃ
ない!!


もう、だいぶん前のことだが、ウチの子が富士山の麓の大学に入学
した時のこと。
まずはアパート探しというので、地理も不案内なその土地で、東西
南北を走ってみることにした。


富士吉田方面に向かって走っていると、おお、眼前にそれは見事な
富士山が拡がった。

いやはや、す、スゴ―――――イ! !



と、その時。
富士山を真ん前にしたその時に・・・・・・・!  ?

わが携帯が鳴ったのだ。

あっ、なんじゃい!?



電話に出て見ると、コチラ山梨を走っているというのに、遠い茨城
からの見知った声。

ま、誰とは書かないけれど、まるでツマンナイ話で、目の前に迫る富
士山の感動と交換しなければならないような、大事な電話などではな
かった。

確か、まだ朝方の電話だったと思うのだが、まるで暢気な電話に壮大
な富士山の眺望が、一瞬で吹き飛んだ苦い記憶がある・・・・。



さてさて。

こういう突然の電話というのは、こちらがまったく無防備ゆえに困った
ものだ。


何日か前のこと。

最寄りの郵便局から、ある場所への封筒の重さを量って貰って、慎重を
期して送り終わった矢先、その駐車場で携帯が突然に鳴った。

先方の<かくかくしかじか>に、<ハイ、判りました>と答えた当方。


事務所で受けた電話じゃないもので、予定となる日の予定をハッキリと記
憶していた訳ではなかった。



で、"件の日"となった昨日。

午後一番から当初スケジュールに入っていた業務があって、それはどうして
も外せないものだったから、畢竟、後から受けてしまったモノが窮屈になっ
た。

午前11時までに戻って来ないと、午後の予定に支障が出るのは明らか。


古河市まで行き戻って来るには、往復で最低でも4時間はかかる。

しかし、通勤時間帯にブツかるから、午前7時頃に出掛けたのでは、古河よ
り手前の筑西市、結城市の国道50号の渋滞に捕まるかも知れず、無難に先
に進めても、宇都宮方面から首都圏への大動脈となる国道4号線の込み具合
が不明だった。



かくして、遅くとも午前6時出発を頭に、普段などこんな早寝などしたこと
も無かったが、前夜21時過ぎには床に入った。


で、昨日。
照明を点けっぱなしにして寝たのが功を奏し、午前3時25分には起きた。

眠気まなこで、起きてスグに出るのもイヤだったから、新聞を読み、コーヒー
を飲んでゆっくりしてから出られた。

起きてしまったから、ワザワザ6時まで待つ必要もない。雨混じりの生憎の天気
となったその朝、結局5時半には出発出来た。


ピックアップがイカレてしまって使えなくなった車載ナビに変わって、相棒はタ
ブレットのグーグル・ナビ。
今は進化していて、かつての機種は、1時間もONにして走ると画面が暗く消え
てしまって不安に襲われたものだったのだが、今のは全行程で画面が刻々と動い
てくれていて助かった。

このことを知れたのも大きな収穫だったな。



自分が想定した昨日の日程を予定通りこなし、追いまくられたとは言え、18時
過ぎには帰途に着けた満足の日となった。




人気ブログランキング      
 よろしくお願いいたします。




ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新記事
(12/13)
(12/05)
(12/01)
(11/28)
(11/23)
(11/21)
(11/20)
(11/17)
(11/16)
(11/12)
(11/11)
(11/10)
(11/09)
(11/08)
(11/07)
(11/06)
(11/05)
(11/04)
(11/03)
(11/02)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]