忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
昨日は久々に晴れ上がったと思ったら、今日の午後には曇り出し、
明日は雨の予報と、どうにもスッキリしない。

梅雨の到来も早いとかで、6月8日頃には梅雨入りになりそうと
か。


そんな中、当方は何にもした訳ではないのだが、我が家の小さな
庭の草花が代わる代わる咲いてくれて、鬱陶しい天気の中でも目
を楽しませてくれる。


ヤマブキが終わり、今年は花が少なかった生垣のサツキも終わっ
た。
今は、白いテッセンが咲いていたり、梅の木の根元近くにアヤメ
の一種やら都忘れの群生。

玄関脇には、息子夫婦が持って来てくれた母の日ギフトの鉢植え。
それから春先からのパンジーの鉢植えだって、まだ見頃だ。


それより何より、野ばらの白い花が例年にないぐらいの花をつけて
くれた。
去年までは、我が家の内側に花は少なく、外側の道路面から見たほ
うがよく見えた案配だったが、昨年秋口だったか、シルバーセンタ
ーに頼んだ庭の剪定でスッキリし過ぎた位に枝切りをしてくれた。

どっこい、野ばらだって生きている。
戦略を替えて内側の良く見える方に枝を伸ばしたゆえだろうな、結果
今年は野ばらが良く見えて満足満足。



さてさて、当方も『花より団子』の先方隊の最前列に鎮座する方だか
ら、山登りした時などは、花の名前と言えば、ほとんど全て「ミヤマ」
を付けて当てずっぽうなインチキ和名で逃れて来たような不調法な人
間だ。


先日、と言っても、4月23日付だから大分古いか・・・・?

同日付の読売新聞コラム『編集手帳』欄の書き出しが、こんな文章か
ら始まっていた。
向田邦子さんの小説「花の名前」の一節と言うのだが、それは『縁談
の相手が知っている花の名前は、桜と菊と百合だけだった。それで
女は結婚をためらう。』(平成30年4月23日付読売『編集手帳』)
というもの。

アタクシも慌てましたね・・・・。

この小説のお見合い男ほどではないにしても、花の名前を知らないと
こ、こんなに嫌われるんかいナ!????

でも、この忙しい時に短編とは言え向田邦子さんの小説を探してまで
読む気にもなれず、でも、その男の運命は知りたいし・・・。


そうすると、世の中旨く出来たもので、柴門ふみさんの漫画で同名の
単行本があることを知った。
向田邦子さんを追い掛けて創作活動して来たという柴門さん、大ファ
ンであると自負するだけあって、話の筋を替えずに時代背景を現代に
移し替えながら、忠実に向田ワールドの再現を図ったようだ。

本当の原作を読んでいないから、エラそうなことは言えないが、静謐な
中になかなか複雑な男と女の心模様が描かれていて唸った。

新潮社刊の柴門ふみ『花の名前 向田邦子漫画館』、古い本でアマゾン
のユーズド本で入手。ご興味の向きは、原作本でも漫画でもご覧になって
下さい。

「花の名前 それがどうした」

年配になった男は、そう妻に言う・・・・・。

何とも終幕に余韻が残るナ。



人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

5月に咲く野山の木本類には白い花が多い。(今年は早くに4月半ば過ぎに
は咲いたのかも知れない。)

♪ 「白い花の咲く頃」 岡本敦郎 (YouTubeより)



テレビ東京の番組『ニッポンに行きたい!!』に、以前、日本のドンブリ物
が大好きな女子高生が出たことがあった。

ヨーロッパのどこの国の子だったかは忘れたが、かつては共産圏だった小国
の女子高生で、来日するや東京の親子丼の専門店に直行。

念願の本物のオヤコドンに舌鼓を打つわ、作り方を教わるわ・・・、生の情報
を漏らさず持ち帰ろうとメモ魔と化して、観ているオッサンの心をわしづかみ。

その上、今度は牛丼を教わりに行った埼玉のお店で、そこのご家族の招待で
これまた,念願だったカラオケに初挑戦!!

で、彼女が歌った十八番のニッポンの歌が『白い花の咲く頃』


ど、どこで憶えたんじゃあ、そ、そんな古いうた!!

お、オッチャンはここでまた、涙ボロボロだったんであります。


ちなみに、「白い花の咲く頃」の作詞家の先生は、この「白い花」が何の花か
は明確にはしていなかったのだそう。
ただ、ただ、白い花。

庭に咲く草本の花ではなくて、山野に咲いた木本類の花だったのでしょうね。
PR


日報抄 2018年5月10日付 (新潟日報WEB)


何ともやり切れない事件がまた起きてしまった。

上記に引いたのは、事件の起きた新潟県の地元紙・新潟日報
のコラムだ。


冒頭から怒りや憤りの文面で始めるのではなく、殺された大桃
珠生さん(7)も抱いていたであろう『子供ながらの夢』を
披瀝するという、押さえた筆致が余計に読者に哀しみを訴えて
辛さを倍加させる。


先ほど、書棚にあった昭文社のエリアマップ『新潟県』を引っ
張り出して、JR越後線・青山駅と小針駅を確かめてみた。


上記のコラムの記者は、『現場を挟むようにある二つの踏切は
よく通る』と書いている。
仕事と生活の場そのものの足元ゆえに、『思うほどに犯行への
怒りが募る。』と記事を結んでいたが、当方らのように県外者
であっても、人の親を経て来て、今は孫まで持ってみると、は
らわたが煮えくり返るほどこの犯行に憤りを覚えている。


自殺と見せかけて犯行を眩ますために、列車に遺体を轢かせる
ことまでした冷酷極まりない人非人ぶりに、新潟日報のコラム
記者同様『怒りが募る』ばかりだ。



人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

ゴールデンウィークも明日を残すのみとなった。
皆さまはどんなお休みだったでしょうか?


当方はと言えば、この期間が笠間の陶炎祭と重なって、自宅そば
の国道355号線から笠間市内までが大渋滞の毎年にウンザリし
て、却って何処にも出ず、自宅に籠もる生活でした。

●笠間の陶炎祭(ひまつり)


ある日には息子のお嫁さんが早めの母の日・父の日のプレゼント
を持って来てくれたり、家人の実家の跡取り息子の不意の訪問が
あったり・・・・と、日々それなりの変化はあったのでした。

それにしても、父の日ギフトと言えばTシャツだったり、どこか
の銘酒セットだったりするのが定番だと思うのだが、ベタを避けて
持って来たのが、小さな鉄道模型とトミーテックというオモチャ
会社のジオラマシリーズのひとつで、建物コレクションのうちの
「酒蔵C」というもの。
ま、ひと言で言えば、実利の酒一本などではなくて、コチラ、まだ
まだ呆けちゃあいないのに、<オモチャ>ふたちゅ!?


でもなあーーー、なかなかオヤジを読むスジは間違っていなくて、さ
すがだナぁ~と感心したことだったナ。家人には判らないと思うの
だが・・・・。

(新潟県村上市在住の折り、市内には「〆張り鶴」と「大洋盛」2つの
 酒蔵があった。一冬を過ごしたある年、どちらだったかは忘れたが
 今回息子から貰ったジオラマのような酒蔵の脇を通ったことがあって、
 雪を被った北国の酒造元の景色にいたく感動した記憶が蘇った。
 今回のジオラマは、別の何かではなくて、『酒蔵C』こそがオヤジに
 ドンピシャハマったのであった・・・・。)

●トミーテック・ジオコレ/建物コレクション



さてさて、明日が終われば、また普段の日常が始まる。
来週早々には行政書士会の支部総会。

相談会の当番もあるし、例によって、月イチのうたごえ広場の予定も
迫って来る。


車の運転するごとに、「歌の練習」に励むのだが、おニューの歌を6月
から8月にかけて、4曲も仕込む予定なもので、なかなか自主練が大変
なのだ。

そうこうしていると、5月に初披露予定の『ハナミズキ』が疎かになって
心許ない有様になっている。

筋力アップのギブスを装着して、あと2週間『ハナミズキ』いのちで、
頑張らねば・・・・。


●対向車に乗る人と目が合うと気まずい・・・車の運転中に熱唱する人たち
(2018年05月04日 18時00分 しらべぇ)





人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。




●おつかいレベルが低すぎる夫たち「じゃがいもがない。それっぽい
芋はあるけど『ばれいしょ』って書いてある」
(2018年04月14日10時00分 キャリコネ)



うむむ!? 読んでビックリでしたが、世のおとうさん方はどんな
感想でしたでしょ????

まあ、自分の昔を振り返っては、子ども時代、中学生の頃まではやはり、
母からおつかいを頼まれた時は確かにイヤだったナ・・・。

葉物野菜でも、トマト・キューリでも売場で「選ぶ」となると、確かに
どう選んでいいのか判らなかった。

その後は、学生時代など、曲がりなりにも自活するとなると、何とか「
選択眼」は養われて、その後の10年に及ぶ単身赴任生活、いや、それ
より何より、仕事自体が流通業に携わって来たのだから、当然に「選球眼」
はより一層磨きがかかった訳だ。

ま、自分をタナにあげて言うのもナンですが、自分と大切な家族が口にす
るものに、『ガキ以下』のレベルというのは、ちょっと反省して勉強すべ
きと思うナ。


ま、記事にもあるが、日中の職場ではチャンと仕事が出来ているのでしょう
がネ。



我が家では4月から、家人が町内会の役員を引き受けてしまったことから、結
構何かと気ぜわしくなって来てしまった。

始まってみると、人があつまる集団の一つに違いがなく、ま、会議ひとつにも
書類書きがついて回る。

今日はそんな準備で、こちらが作って置いた文書を家人に振ってまとめて貰った
のだが、向こうだってこの間までは職業人の端くれだったもので、思ったよりも
理解度が高くて、スムーズな仕上がり。

いくら夫婦とは言え、ツーカーで頃合いのものが出来上がると気持ちがイイ。


やはり、「感度」が大事だとはしみじみ思うね。



社会に対する感受性だってそうだよな。

●日報抄 2018年4月14日付  (新潟日報コラム より)




昨日の読売新聞『顔』欄に出ていた、2018年本屋大賞受賞の辻村深月さん
のお話にも魅かれた。

執筆のため取材した学校カウンセラーの言葉が胸に残っていると・・・。

『「風のようでありたい」。感謝はいらない。風のように背中を押してくれた
存在があったと子供たちに覚えてもらえれば。「私の本もそうなるといいな」』
(読売新聞『顔』欄 2018年4月13日(金)付)




言葉のチカラ、思いやりのこころの強さ。
信じたいと思うよね。


自分の口に入るものにも関心を持たねば・・・・・・。


何にしても、ボーーーっとして生きていてはいけないのじゃないかな。




人気ブログランキング     
よろしくお願いいたします。

予報だと次の日曜日は、雨模様の天気になりそうだが、今日あ
たりはポカポカ陽気で、何をやるにも動きやすい気持ちの良い
日だ。

犬の散歩などにもグッドな陽気。


そんな日に、ひょんなことで下のような記事に出遭った。

●犬の散歩中の事故、飼い主に1284万円支払い判決とその余波
(2018年04月13日11時00分 NEWSポストセブン)




googleアラートで、自分の守備範囲と思うニュースは拾うように
しているのだが、この記事は初見だった。

慌てて、最高裁の判例検索ページにあたったり、3月23日付ニュ
ース記事も見てみたりしたが、ざっくりと俯瞰しては、コトの顛末
が判り易いのは上記の記事だった。


それにしても、定年後寄り添うように暮らす老夫婦にとり、家族同然
に飼っていた愛犬により引き起こされた生涯最大の災難。

それでも夫婦は、それを静かに受容し義務を果たそうとしているとい
う。


なんともやり切れない事件ではありますが、「たかが犬の散歩」と言っ
て、一旦コトが起きたら、大変な責任と経済的負担が突然に重く圧し掛
かることを、教えられた事件でした。



主な教訓を上記事件から紐解くと、①普段しつけが行き届いた犬であって
も、突然、飼い主の意図に反し豹変することがあること。しかも、リード
引きが子供であったり、高齢者であった場合、飼い犬の制御が困難になっ
てしまう事態もあり得ること。

②事故被害者がランニング中の40代男性。身体が健康で、ランニングに
精を出すほどスポーツ好きであり、四肢の制御に万全の人でも、不測の事
態が生じた際にはバランスを崩し、思わぬ事故の被害者になってしまうこ
と。

その人の進行方向で怒りの素振りの柴犬がいることを視認し、それを避け
ようとした矢先、突然予期せず飛び出したダックスフント犬に慌て、足を
踏み外しタタラを踏んで側溝に落ちてしまった。

③1284万円という法外な損害賠償金に思えるが、まず受傷直後6日間
の治療費及び入院費、付き添い看護費用もあったかもしれない。10か月
に及ぶ通院期間の治療費、休業補償費(仕事を休んで通院した場合。また
通院後出社したとしても、通院した時間の休業補償等),通院交通費、文
書費、通院慰謝料。

その後、利き手の右手の可動域が狭まった後遺障害補償。
逸失利益の根幹だが、後遺障害別等級表・労働能力喪失率表による第10
級<1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの>に該当し
たかもしれない。461万円、労働能力27%の喪失と認定か。

例えば、幅50センチの側溝に、突然転落する場合に側溝に沿って「真横」
にウマく転落するとは考えられないから、落ちるに際し、側溝のコンクリ
ート縁に他の手足、顔を打撲したとも考えられ、顔に治療後に傷跡が残って
しまったような場合や、左手及び両下肢にも右手より軽微であっても障害が
残っているような場合、後遺障害の「併合」が勘案され、等級の重度増しと
なり補償額は増える。

また加えて、後遺障害慰謝料も発生。被害者がまだ40代男性とあるから、
受傷時から簡易生命表により平均余命を勘案。学歴別賃金センサスも照合。
ライプニッツ係数なども照合して慰謝料を算出する。



善良な老夫婦が、三顧の礼を尽くしてお詫びをしても、それで利き手の右手の
可動域が狭まったことは、決して元には戻らない。

(初回に詫びに行った人が、顔を見れば変わらなく見えても、その後、事務職
だった人が右手が使えず書類を作れないとか、現業職だった人が重い荷物を持
てないとかフォークリフトの運転が出来ないとかで、建物の掃除など軽作業の
場所に意に反し職場転換させられていたりと言った、人生の大転換をさせられて
いるかも知れないのだ。)

厳密に手繰った訳ではないが、今回の裁判記録が裁判所の判例として閲覧出来る
状況にはないから、あくまで想像の域、経験則の域での話とはお断りした上で、
書いておきたい。


いやな言い方だが、不法行為により他人に損害を与えてしまった場合、その償い
は金銭による補填にしかない、と新ためて考えておかねばならないと肝に銘じな
ければならない。


そうでなくとも、ギスギスとした今の世の中、「ゴメンなさい・・・。」「申し訳
ない・・・・。」だけで済まない。


健康のためランニングをする。自己を律して昨日より今日、今日より明日に一歩
進歩した己を目指す・・・・、そういう人が増えている。

そういう人は、一般的に「なあなあ」でコトを終わらすことでは気が済まないものだ。



犬も歩けば棒に当っても、「ゴメンなさい・・・。」では済まない時代なのだから、
やはり、犬の散歩一つにも身構えて、注意深い「お散歩」が肝要だ。

子どもと犬だけの散歩を見かけたりするたびに、ヒヤヒヤしてしまう。

「注意一秒、(自分にも相手にも)事故一生!!」



人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

昔、当方の知り合いの犬が隣家の生垣を潜って入り込み、そこの赤ちゃんをガブリと
噛んだ。

エライ騒ぎになったそうで、救急車は来るわ、パトカーは来るわ・・・!!


隣家と事後処理を話し合った知り合い、その足でワンちゃんを保健所に”連行し”早速
処分したそうな。ビックリするぐらいの速攻ぶり。


そのぐらい慌てふためき、気が動転したのだろうが、下手人、いや、下手犬はもう
「この世にいないから・・・、許して!!」

反省の態度としては悪くないのかも知れないが、ユルイ首輪のままにしていたアンタ
が悪い!!がオザナリのまま。


考えれば、おとととと・・・・っと言う間に、天国に召されたワンちゃんだって被害者
といえば被害者なんだナ。


全ての責任は飼い主にある。

ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]