忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
4月1日に新元号「令和」が発表された。


3月からアレコレとマスコミを賑わせていたのだが、国民の各層
それぞれに思った以上の反応で、その盛り上がりぶりに驚いて
いるところだ。

個人的に、自分の職務と照らし合わせると、この「年号」とい
うのはなかなか厄介で、自分の生まれからしては昭和、平成2つ
の時代にまたがって生きて来たのだが、業務上は大正、昭和、
平成、に加え、今度は「令和」だって係わって来る・・・。


相続を中心とした業務的には、必ず相手様の生年月日の確認から
入るのだが、必ず入る昭和の時代に遡ることになると、63-
<生年の年>+平成31の暗算をして実年齢を確認したり・・と
エライ面倒な楽屋裏が毎回のこと。

そんなで、手元に『年号・年齢・西暦早見表』の携行が欠かせない
のだ。

いっそ、職業的には西暦一本化した方がよほど便利かと思われるの
だが、日本人として生きる情緒的にはそうはいかないのだろうとも
思う。


下に引い八木秀次氏の言葉じゃないが、「明治の精神」「大正デモ
クラシー」「昭和歌謡」に代表されるように、『元号が時代精神を
表すことは多い』(八木秀次)これにはその通りだと思うし。

●元号は日本が「世界に誇るべき文化」 現在は日本のみで使用
 朝日は社説で”ケチ”か
(「突破する日本」2019.4.2 夕刊フジZAKZAK)




このたびの新元号は、初めて和書から取られたというので、元号発表
後は、俄かに万葉集に注目が集まり、突然の爆売れなんだそうだ。

例年だと、勉強熱心な中高校生の一部に買われる「年間1500部」ほ
どの売れ行きという<か細さ>だったのに、KADOKAWAの2種の
文庫本が、1日だけで合計1万6000部の重版決定というから物凄い。

ヘマすると、今後にブームになったりすれば、さらなる売れ行きを予想
されるとか。

当方のようなオッちゃんも、つい、50年ぶりに目を通すべく、まずは
ビギナーズの軽いヤツから・・・と一冊発注してしまいましたね。

該当の、年号を引いた前文部分のある文庫は、全4冊シリーズのうちの
巻1だそうだ。

●新元号典拠でブーム到来!『万葉集』読み方のススメ
 専門家「時代を超えた恋と情の歌」
(2019年04月04日17時17分 夕刊フジ)




2年ほど前だったか、「常陸国風土記」にふと興味が湧いて、岩波文庫を
買ってみたことがあったのだが、今度の機会に万葉集を覗いて、大宰府ま
では行かずとも、郷土にゆかりのある万葉の歌をヒントに、茨城のその地
を訪ねてみたいと思っている。




それにしても今の中国は、いにしえの日本が範とした古代中国とは完全に
断絶していて、もはや何の脈絡もないはずなのに、向こうのお国の民の喧
しさには何ともなあ。

●「令和」に関して炎上する中国ネット
(2019年04月04日12時40分 ニューズウィーク日本版)





人気ブログランキング   
 よろしくお願い致します。
PR


昨夜は、24時ごろから録画しておいた話題の映画を観た。


皆さんもシッカリ観ましたよね?

若い方々はともかく、オジサン・オバサンはどうだっただろう
か?

昨夜日テレで放映された映画だったのでしたが・・・。



新聞のテレビ番組欄をそのまま写してみると、以下の様な番組
案内だったから、はて、高齢者の方々にはスルーされたかもな?

『金曜ロードショー 2018年度最大の話題作完全ノーカッ
ト初放送 「カメラを止めるな!」(2017年)上田慎一郎
監督』とある。(読売新聞番組欄)



で、当方の印象では、やっぱ、面白かったよね!?

ゾンビ映画好き・・・・は、世間のかなりのボリュームという
けれど、チャチな自主制作映画づくりと思わせておいて、うむ
む、後半に向かってはなかなか盛り上がった展開でしたね。


ま、見逃してしまって、これから観る方もいるかも知れないの
で、話の筋は書かないことにしましょうか。



ウチでは、昨夜の録画を消去しないで、家人にも勧めたのでした
が、先ほど訊いてみたら<観た>って。

で、感想は?と訊けば、????????????? だと。


がっくし。



昨夜のテレビ視聴率を知りたくて、ネットで繰ってみたら、結果は
まだのようでしたが、面白い記事を見つけたので、ご興味ある方は
読んでみて下さいまし。

●話題の映画 カメラを止めるな地上波放送の視聴率と感想!配信
 動画の無料視聴方法は? (「vodが大好き」より)





人気ブログランキング     
 よろしくお願い致します。

 当初観客動員目標5000人だった映画が、観客300万人動員
 の実績って、物凄いことだ。

 きょうび珍しいシンデレラ・ストーリーだろうな。


 ロケ場所が水戸市内とは知っていても、関連の新聞記事など全然
 目を通したこともなかったのに、一晩でビックリこきましたね。

 映画ロケの裏話のストーリーは、『蒲田行進曲』など昔からある
 にはあるが、昨夜の映画終盤ではウルウル来るぐらいに面白かっ
 たですね。



普段は、テレビで放映される映画などは、録画して夜中に観る
習慣なのだが、今日に限ってNHK衛星放送と民放番組がダブ
ってしまった。

家人は近所でのボランティア活動に出掛けたのだが、こちらも
お決まりの刑事ものドラマを留守録して出掛けたらしい。


そんなことで、ほぼ同じ時間帯に3本同時録画が重なり、我が
家のテレビではそれは出来ない相談。


それを後で知った当方だから、今日は急遽も急遽、昼食時間を
ズラし、ある番組がスタートする13時35分から摂ることに
して、映画のナガラ昼食となった。


でもなあー。

世間様がシゴトしている時間帯に、テレビで映画を観ているな
んて、どこか、背中がモゾモゾと落ち着かないものだ。

ま、「今日はこれが予定!!」と映画館に行ってしまう時には
そうは感じないんだけれど、ね。



さて、今日観たのは、1998年制作というからもう大分古い
映画だったのだが、古さは感じず、なかなか面白い映画だった。

●交渉人(映画) (Wikipediaより)



洋画のアクションやらサスペンス映画を観ていると、警察組織
でも警官レベルでも、その腐敗ぶりや悪徳の行状など日常茶飯
事で驚くこともないのだが、それにしても、今日の夕方に見た
”日本の”ネットニュースには唖然。


飲酒運転を見逃した愛知県警の警官ふたり、その理由たるや、
何と「面倒くさかった」って・・・・。

どうか、どうか、日本の警察もアメリカみたいにならないよう
に・・・。
お願いしますヨ、ホントに!!

●「面倒くさい」39歳男性警察官、飲酒運転の検査をありえな
 い理由で見逃す 職務怠慢ぶりに批判殺到
(2019年03月01日12時00分 リアルライブ)





人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

最近観た映画の中の、許せなかった悪徳デカは二人つるんで、地道
に街の食堂を営む黒人のおばさんからも、容赦なく”みかじめ料”を
吸い上げる許せない輩たち。これで刑事だっていうんだもんな。

観ているこちら、ムカムカっとして来たところで、主人公のデンゼ
ル・ワシントンが登場し、結局件の二人はボッコボコに料理され、
ほッ、スッキリ。(2014年制作 アメリカ映画『イコライザー』)




昨日今日と2日続きの雨降りだ。
今日などは、念押したように朝から晩まで、まる1日の雨降りで
終りそう・・・。

何ともカッタルイ日となった。


さてさて、ネット記事を何気に見ていたら、以下のような記事。


ネット民には、とみにボロッカスの「ゲンダイ」さんの記事で、
少々品の無い書きぶりはともかく、アタマの整理を付けるには
結構役立ったのでご紹介。


●米朝会談が破談で傷心 金正恩が抱える「中韓」新たな火種
(2019年03月04日15時01分 日刊ゲンダイDIGITAL)




どうせこんなところと思っていたから、別段驚きもしなかった
のだが、<マスコミ的には注目だった>米朝首脳会談の結末。

その後の極東アジア諸国、とりわけ中国及び韓国への影響に思
い致す時、なかなか興味深い。


一方、アメリカ・トランプ大統領のロシア疑惑捜査がらみでの元
一番の側近だった弁護士の被告の爆弾証言で、今後トランプ氏の
運命がどういう展開となって行くのか?
こちらだって予断を許さない。


先日にどこのテレビでだったか、1976年制作という古い映画
が放送され録画だけはしておいた。

ニクソン元大統領のウォーターゲート事件を扱った映画で、大分
前に観たことがあったのだが、この機会に再度観ようと思っている。

●大統領の陰謀 (Wikipedia より)


トランプ氏はハノイでの首脳会談中にも、会談の机の下で、この
元側近の証言中継のスマホ画面に度々目を落としていたというの
だから、今後アメリカ政治の大転回だって起こりかねない。


北の首脳が、わざわざ専用列車で平壌ーハノイ片道約4500キロ、
3日の鉄道旅を選んだ深慮遠謀の意味とは?
ドラマチックで歴史的演出効果(祖父の金日成の逸話に倣った可能
性)を考えてのこととも言われており、ヘタなテレビを観ているよ
り興味をそそられる。


今、あれこれ、同時代人として、後では歴史的と言われるかも知れ
ない事象を傍観しているのかも・・・。


ま、そんなコトで、ヘラヘラとしたTVのバラエティ番組はどうにも
苦手になっている今日この頃だ。




人気ブログランキング     
 よろしくお願い致します。

昨日のこと。

自分的に懸案となっていた、調べもののために借りていた本を
返しに行って来た。

遺産相続事案のなかで、もろもろ不都合があって結局「相続放
棄」を選ぶ場合の問題点、もう一つは私道にからむ「通行地役
権」の委細を確認するための参考文献。

〆て10冊を借り出していたのだったが、今後も目を通す必要
から、その中の4冊ばかり、同じ本をアマゾンで探して手元に
置くことにした。



さて、その館内ではちょうど地元市民の方々による水墨画展を
開いていて、急ぐ訳でもない帰りがけ、フラリと立ち寄って一
渡り作品たちを一瞥して帰ろうとした。

と、会員たちが交代でしているのだろう当番の受付の方から、お
声がかかった。

受付の芳名帳に氏名を書いてくれ、と。
出来たら感想文を記入するノートにも何か書いて欲しい・・・と。


別段、この会場が目的でもなかったから、無言で会場の展示物を
一回りした後は、音も無く消え去ろうとしていただけなのだ。

快活な声の婦人は、自分と同じで誰もが「水墨画好き!」と思って
いるフシがあって、いやはやグイグイ迫って来ましたね。


コチラ、たまたま通りかかっただけで、音無しの構えで過ぎ去るば
かり・・・のところ、矢継ぎ早の話し掛けには参りました。

揚句に、「ご覧いただいて、どうですか?」妙に自信ありげな口調
で、困りましたわ!?

その押しつけがましさ。


黙って退散するばかりのところで「---どうですか?」「(素人
離れした出来で)凄いでしょ!!」

ま、趣味でも作品が上がれば自慢をしたくもなるのだろうけれど、
テレビの『プレバト!!』(TBS)での水彩画家・野村重存先生
が言うように<才能無し!>は明白だったナ。


あんまり「どうですか?」というもので、やむを得ず言ってあげま
したヨ。
「ダメですね!!」

「どういうところが?」

「建物の描き方のバランスがダメっしょ!?」

いわゆる、ヨッチャレているのヨ。

『プレバト!!』の野村先生も、このヨッチャレには厳しくて即座に
<才能なし!>だ。


ワタクシだって、黙って通り過ぎさせてくれれば、こんな憎まれ口を
利くこともなかったのに、今日はちょっと自己嫌悪ですナ。

東京からみえている講師の先生の著書も見せていただきましたが、こ
ちらは流石、デッサン力も軽く常人を超えていて、素人のワタクシ目
から観たって、<才能あり!>でした・・・。




●女性描くリアルな”油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
(2019年02月23日17:30 ORICON NEWS)

●【作品集】超リアル!今にも動き出しそうな油絵の数々
(ORICON NEWS)



画家名は、広島県在住の三重野 慶さんという。




人気ブログランキング      
 よろしくお願い致します。

 今朝、家人と例の水墨画展の話をしていて、デッサン力の話になった。

 以前、地元の日動美術館で観た絵を思い出したのだったが、その作家
 名が思い出せないで難儀した。

 ええっと?????? ほら、文化勲章まで授章したあの画家?

 えっ、誰??????


 で、暫く後にやっとこ。

 デッサン力でも定評のあったその画家の名は、小磯良平だ。

 素描のような淡色の作品だったが、涼し気な少女の眼差しが強く印象に
 刻まれている。

ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]