忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
何日か前の『ひるおび!』(TBS)で、気象予報士森さんが
言った<暑い秋!>なんてまっかなウソで、秋は深まるばっか
りダ!!

昔なら今頃など、残暑の時期だったはずザンショ!?


だのに、なんともトホホな天気が続く・・・・。



散歩に出てみれば、水田の稲もすっかり黄色く色づき収穫間近か。

田んぼに沿って張られた電線には、まあ、新米狙いのスズメが
鈴なりに留まっていて、ここでも深まり行く「秋」ですなァ。


それでいながら、今日の曇り空の下、何羽ものツバメが低空飛行。
まだ、ツバメが南方への渡りをしないで「いた」のに驚く。

森昌子の「越冬ツバメ」でもなかろうに・・・。

去年あたりなど、8月末にはもうツバメなど見当たらなかったの
にな。

どこか気象も狂っていて、ツバメだって<勘狂い>なんだろうか?



さて、取り留めもないことを書き殴るだけのブログでもしょうがない
もので、ちょっと役立つことも引いて置きましょうか。

●高速道路上で停止車両に追突する事故が相次ぐ・・・対策は?
(All About NEWS 塚田勝弘 2017.09.01)



記事によれば、高速道路上での事故で最も多いのは、「停止車への追突」
なんだそうだ。

それゆえに、『高速道路上でやむを得ず車を止める場合・・・』など
ま、すでに誰でも知っているようなことなのだが、改めてチェックして
置くことも大事だろうな。
実際誰でも知っているハズなのに、この種の事故は減らないのだから。



当方もこの記事で知った新しいコトは、『基本的に人は、「自分が見た
方向に進もうとする」傾向がある。』(上記記事)ということだ。

疲れていたりすると、路肩などに停まっているクルマに『吸い寄せられる
ように追突してしまう可能性も否定できない。』と記事にある。



当方の経験上でも、この『吸い寄せられるように追突』は、本当にピッタ
リの表現だと思うな。

高速道路上ではないが、昔スーパー勤務時代に似たような経験をしたこと
があった。

当方は職場の従業員駐車場へ車を入れるべく、時速10キロほどで勤め先
のスーパーの駐車場を走っていた。
到着までほんの少しだったから、もう低速の運転。


そこへ、駅へ向かう女子高生のバイクが走って来た。

スーパーの敷地の駐車場内だったのだが、高校生は道路をショートカット
して敷地内を突っ切って来た形だ。


開店前のスーパーの駐車場なのだから、スペースはいくらでもあったのだ
が、バイクは当方目掛けて、ゴムまりか、脱兎のごとく駆けるネコのように
当方の車目掛けて突っ込んで来た。

コチラは停車目前の低速だったから良かったものの、それにしても今日のリ
ンク記事の『吸い寄せられるように追突』する衝突を、身を持って体験した
瞬間だったのだ。


あり得ないと思うかも知れないが、『吸い寄せられるように』衝突というの
が、実際のことになると、本当に起こる・・・・ということは、知って置い
てイイと思う。



人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

これから先、車社会は自動運転100%の時代へ向かって行くのは自明のこ
とだろう。

そんな矢先、何で読んだのかは忘れたが、自動運転で楽ちんという未来ばか
りでなくて、狩猟の習性から未だに射撃場があるように、<かつて自らが車
を運転していた時代>を忘れられない人種が、乗馬クラブよろしく『乗車ク
ラブ』で、運転を楽しむ時代が来るとあった。

何もかもコンピューターが制御する車に飽き足らず、昔の人が運転したとい
うマニュアル車を、わざわざ『乗車クラブ』にまで行って楽しむ、そんな時
代になるだろう・・・と。

まあ、世の中考える人は考えるもんだと感心したナ。


そうなると、そんな時代にはもはや、自動車教習所はいらなくなってなって
いるだろうから、この教習所が未来の『乗車クラブ』になっているのだろうか。

あのスペースで、グルグル回っているだけでは面白くも何ともないだろうけれど、
かつては諷爽とドライブした景色を味わうこともない、グルグル回りの『乗車ク
ラブ』はツマランと思うが、その頃にはワタシャいないからシ~らない。
PR


今朝は、起きてみるとおばあさんはもう出掛けていて、川へ洗
濯に・・・・・。イヤ、ではなくて、市の健康診査のがん検診
などへ出掛けた後で、家はもぬけの殻。


取り残されたおじいさんの当方は、モゾモゾと起き出して雨戸
など開け、北の方の空を見上げれば、アララ、朝から晴れ上が
った青空には、ウロコ雲が出とりましたネ。

うむむ、もう秋なんだなあと、しばし感慨に襲われましたヨ。



ところで、今日は自分を<おじいさん>、家人を<おばあさん>
だなんて、書き始めてしまいましたが、昨日我が初孫の来訪が
あったもので、つい、そんな書き出しに。

普段なら、口が裂けたって自らを<おじいさん>だなんて、言っ
たりは、しませんのじゃが・・・・。



さて、さて。
今日は、茨城県知事選挙の投票日でもあるんです。

夕方になってしまうと、面倒くさくもなってしまうから、昼食後
にはサッサと投票を済ませて来た。

●茨城県知事選挙投票続く、争点は”多選”の是非
(2017年08月27日14時04分 TBS)


結果はどうなるんだか。



昨夜は、歌声広場に関わっている当方としてはチェック必須の番組
として、日本テレビ『24時間テレビ●ドラマスペシャル「時代を
つくった男 阿久悠物語』(2017年8月26日(土)夜9時ご
ろ放送)を観た。

かつての人気番組『スター誕生!』の審査員として、終始エラそう
な物言いやら、その人相までキライな男だったのだが、歌声広場関
連で歌謡曲の歴史を紐解く作業をして来ると、昭和歌謡界の大黒柱
として、実績的にもヒットメーカーの偉業は無視できるところでは
なく、この伝記風ドラマを観ておこうと思ったのだ。

『歌には時代を動かす力がある!』(阿久悠)栄光の陰の血の滲むよ
うな苦悩と努力の一端を覗けたような、いいドラマだった。



今読んでいるのは、阿久悠の時代の前の、日本の戦後復興期から高度
経済成長期直前の時代を扱った「歌と時代」だ。
たかが流行歌の変遷というが、なかなかに時代とその時代に生きた
人々の心根が、そして経済と大衆の暮らしが不可変に歌に反映されて
いて、歌の変遷の歴史は興味が尽きない。
 ■東京大学助教授(当時)見田宗介『近代日本の心情の歴史ーー流
  行歌の社会心理史』講談社ミリオンブックス
 ■宮田登『「心なおし」はなぜ流行るーー不安と幻想の民俗誌』
  小学館ライブラリー
 ■藤井淑偵『景観のふるさと史』教育出版

これらの本を知るきっかけとなったのは、東北大学農学部教授(当時)
長谷部正氏の『ふるさと歌謡と農村風景の変化』という短い論文だっ
た。(『舞台評論3』2006年6月30日初版 東北芸術工科大学
東北文化研究センター発行)

昭和40年代以降のいわゆる「演歌」ではなくて、<ふるさと歌謡>
にご興味がおありな方は、ネットからこの論文が引き出せます。
ただ、歌いっ放しでも歌声広場での自己解放にはなるだろうが、やは
り、その歌のルーツを探る試みというのも、なかなか面白いものです。


阿久悠まで行きつくには、まだまだ先は長いのだが、昨晩知ったのは
あれだけのヒットメーカー(作詞実数5000曲)で、常に時代をつ
くるために「時代の先を読み、時代の匂いを嗅いでいたハズ」なのに、
やがては、次の世代の作詞家にとって変わられ、ヒットを生み出せな
い壁が生じたのだという。

肩肘張ってもがけばもがくほど、空回りする苦悩。

そんな時生まれた名曲が以下。
阿久の作品とは知らなかったのだが、この曲は彼の晩期のヒット作品に
なったという。

●時代おくれ 河島英五  (YouTubeより)



そういう中、当方などの凡人にも響いたのが昨日の地方紙のコラム。
ま、せいぜい新しいモノにも触れる努力は欠かさないようにしないと、と
思ったことだった。

●日報抄 8月26日 (新潟日報 2017年8月26日付 コラム)




人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。 



今日の茨城県地方は全域では曇りの予報だったのだが、一部地域
だけは、マダラに日中晴れのところがある・・・という予報。


しかして、予報に違わず、我が笠間地方上空は9時の頃までこそ
曇りで<予報のハズレ>を思わせたのだが、どっこい、それから
は一日真夏を思わせる太陽がジリジリ、の厳しい暑さとなった。

ちょっと動くと、汗が噴き出す・・・、そんな「真夏」を久々に
体験したナ。


さてそんな一日だったもので、今日は「頭お休み!?」の軽い話題
でお茶濁しーーーをお許しください。


●「突然ゾンビが現れても安全です」松戸駅広告 反響大きくスポ
ンサー側が撤去
(2017年8月24日06:00 Jタウンネット)



ま、上記の記事を読んでいただけばイイだけの話なのですが、イト
ーヨーカ堂の子会社の警備会社が掲げた広告に、予想外の反響があり
騒ぎになってしまったもので、急遽<その広告を引っ込めた>という
話。

誰かが手元のスマホからSNSに投稿したところ、3万件以上の「いい
ね」が付いた騒ぎになり、ネタとしては大盛り上がりになったのだと
いう。


でもなあ。

シャレで笑っているウチはいいけれど、警察でもない警備会社が、逮捕
権限もないのに「突然ゾンビが現れても安全です。」とまで大ミエを切
ってしまっては、問題が出そうでしょ・・・。

社内的にも改めて論議となり、結局は撤去したというのがオチ。


ホントにゾンビが現れた時、若い現場の警備員は困るっしょ!?

若い人ほど、ゾンビの怖さを知っているわけだし、ゾンビに腕とかを噛ま
れただけで、自分がゾンビになってしまうのだから、任務に忠実に「突然
ゾンビが現れても安全です」ほどに突っ張れないと思うナ・・・。


だもの、この広告『上げ底』『誇大』の誹りを免れないでしょ。



当方だって、昔は10年以上を広告の世界に身を置いた経験者なのだが、そ
れにしても、今どき、いくら地方の広告とは言え、ヤバ過ぎるというもんです。





人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。

昨日の本欄では、アメリカ海軍艦船の衝突事故に触れたのだったが、奇しくも
今朝の読売新聞に、今年1月に横須賀沖であった米イージス艦の座礁事故の
報告書がまとめられたという記事が載った。(読売新聞 2017年8月24
日付 32面/同関連記事2面)

最近の報道によると、今年に入ってから米海軍の起こした事故は7件とか。
そのうち、3件が日本防衛に関連の深い米第7艦隊所属の戦闘艦による事故と
いうから、事態は深刻だ。

昨日も書いたが、遠因はオバマ大統領時代の大幅な海軍予算の縮減と言われて
いるのだが、今日の記事のまとめに引用されていたのが、海上自衛隊の元護衛
艦長山村洋行さん(70)のコメントだ。

読売新聞からそのまま引用してみると『規律の低下が疑われる事態だ。艦長に
は航海技術の未熟さと指揮統率力の不足がみられる』(本日付読売新聞)と
いとも簡単にバッサリだ。


いやはや、いやはや、予想以上の米海軍の弱体化。

だよなァ・・・。
ただの民間船舶とぶつかって、戦闘艦であるハズのイージス艦の方がボッコボ
コに壊れ、しかも、兵員に多大の死傷者というのだからナ。
偶然に一隻だけの事故でなく、イージス駆逐艦2隻が同じような衝突。
もう一つは、1月のイージス巡洋艦の座礁事故(今日の読売紙面)


まだ、向こうのアナウンサーは何も言っては来ていないようだが、そのうち
間違いなく「キタ」にペロペロ舐められるだろうと思うと気が気でない。

またか!?と唖然としたニュース。

数日前の米第7艦隊イージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の
衝突事故のことだ。


しかも、6月の伊豆半島沖での同「フィッツジェラルド」の衝突
事故同様、民間船舶との衝突であり、揚句に少なからぬ兵員の死
亡が一方的に”戦闘艦”の方だけで生じていることは、シャレにも
何もならない。


6月の事故での、艦長・副長など現場指揮官の免職処分があった
ばかりだが、加えて退役間近だった第7艦隊司令官も名誉の勇退
ではなくて、いわゆる懲戒免職にも等しい「解任」という、ご本
人の軍歴には極めて不名誉な、厳しい処分が下された。



シロウト的に考えても、第一線の戦闘艦で、しかも北朝鮮のIC
BM戦略と真っ向対峙のイージス駆逐艦が、相次いで2隻も民間船
舶と衝突し、艦体損傷著しく浸水するに任せ、何とか自力航行だけ
は出来そう・・・・というお粗末さ加減。

しかも、平時の状況にもかかわらず、乗組員の兵員に多大の人的損
失まで蒙るとは・・・。

ま、米国本国での専門的調査の結果を待つほかないのだが、現時点
での報道に載るもので、巷間指摘されたものにも、遠からず当たっ
ていそうな点もある。

読むとなかなかに深く、即効薬がなさそうなのが深刻だ。


●国防予算削減が影響か=任務増加も艦船・訓練不足
ー事故相次ぐ米海軍
(2017年08月22日22時20分 時事通信)




かつては自他ともに認めた『世界の警察官』アメリカの地盤沈下は、
思ったより深い深い闇なのかも知れない。



しかも、これまたビックリしたニュースが以下のようなもの。

●米陸軍が中国メーカーのドローンを全面使用禁止
(2017年08月20日07時00分 NEWSポストセブン)



軍事兵器として利用価値の高いドローンを、様々な局面で利用して
来たことは想像に難くないが、それにしてもだ!?

今の今まで、中国メーカーのものをそのまま軍事転用していたことに
ビックリだった。


日本国内でも、道路建設・ビル建設現場、農業分野での農薬散布など
産業活動でのドローン活用が活発になって来ている。
その飛行許可申請などで、行政書士が介在する機会の増加を睨み、当
方などもその研究に首を突っ込み始めたのだが、日本国内の民生分野
でも、中国製機種が席巻していることは周知のところ。


しかし、それであっても、巨大な軍需産業を要するアメリカで、その
陸軍が、中国製をそのまま導入して活用していた事実には、驚きだ。

「サイバー攻撃に対して脆弱で飛行不能に陥る可能性がある」と今回
全面使用禁止にしたというのだが、かつての東西冷戦時代を持ち出さ
なくても、今や世界を2分する両国関係を考えたら、「中国製ドローン」
の導入など、不可に決まっているだろうのに、な。



昔、海上自衛隊の護衛艦操舵室などがある艦橋付近で、ボヤ騒ぎが起こっ
たことがあった。
冬の深夜の見張り当直で、厳寒の中冷え込んだ身体を温めるべく、ホット
缶コーヒーを温めて置くために、一部隊員の発案で、中国製温蔵庫を艦橋
に置いたのだが、これの電気ショートが原因だったらしい。

予算不足で何でも締め上げると、ルール違反の私物持ち込みなどが浸潤する
恐れのイイ例だ。

何かの本で読んだが、陸上自衛隊の予算不足も深刻で、野外演習の最中、塹壕
の中から味方部署への連絡に、分隊長か誰かが電話報告を入れたらしいのだが、
そ、それが私物の携帯電話から・・・・・とか、そんなのを読んだことがあっ
た。


精強なはずのアメリカ海軍での相次ぐありえない衝突事故。
他山の石として、我が国の国防を考える糧としたい。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

毎日梅雨のような天気が続き、もはや、今が「真夏」だと言う
のを忘れてしまうナ。


今朝の新聞によれば、水戸市でも降雨観測が4日から15日連
続となり、8月の平均気温が7月に比べ3℃以上低い27.7
℃だそうだ。
それから、毎日が梅雨みたいだと思って来たが、記事によれば、
8日から17日までの日照時間合計は31.1時間で、平年に
比べ、54%でしかないのだそうだ。(以上、読売新聞茨城県
版 2017年8月19日付)



先ほどの昼過ぎには、雨の予報はあったにはあったのだが、突然
のドシャ降りには参った。

ま、ほどなく止んだのだが、それにしても瞬間には、これだって
ゲリラ豪雨に近い”まともじゃない降り方”だ。


ちょうど図書館に行った時刻だったのだが、建物周りには<突然
の雨>で、駐車場の自分の車にも行けない人が何人もいた。

これだもの、いつ何時、自分が「1時間に150ミリ」の激雨に
遭遇しないとも限らない時代だと、マジ思うよね・・・・。



「車が水に浸かってしまう時、何センチまでだったら大丈夫だろう
か?」
ニュース映像を見ていると、結構冠水している道路をなんちゃなく
走る車を見る時があって、いつも思っていたのだが、ちょっとイイ
タイミングの記事が今日出ていたもので、以下にリンクしておきま
しょう。

こういうサイド情報を見て置くことも大事だと思うのですね。

●30センチでエンジン停止 自動車による”浸水”危険レベル
(2017年08月19日09時50分 ORICON NEWS)






人気ブログランキング     

よろしくお願い致します。

そういえば、冠水した道路を普段と同じようなペースで車を走らせたら、
途中でエンジンが停まってしまったという知り合いの話を聞いたことが
あったな。

その人が修理に出したら、エンジンの全交換となり100万円以上懸か
ったと聞いた。


フロントガラスやらバンパー、外縁部のシャーシとかじゃなく、車の駆動
部そのものはエンジンだものナ。車=エンジンと言ってもいいもの。


調子コイて冠水道路を走って、後の祭りにならないよう気をつけましょう。




ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 9
10 11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(09/16)
(09/15)
(09/12)
(09/08)
(09/06)
(09/04)
(08/27)
(08/24)
(08/23)
(08/19)
(08/14)
(08/12)
(08/11)
(08/09)
(08/05)
(08/04)
(08/03)
(08/01)
(07/31)
(07/30)
最新コメント
(09/07)
(07/29)
(06/17)
(08/24)
(10/11)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]