忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
昨日の拙ブログの冒頭、単なるおふざけで「今日は何の日」か
ら書き出した。


一夜明けて、今日はいつものルーティンで『新潟日報』WEB
から、そこのコラムを開いてみてビックリ!?

今日こそ「今日は何の日」じゃないの!!


●日報抄 (2017年12月14日付 新潟日報)


ありゃりゃ、今日12月14日と言えば、忠臣蔵・赤穂浪士の
討ち入りの日だったのだ。

●12月14日 WEB『今日は何の日~毎日が記念日~』
    <四十七士討ち入りの日、忠臣蔵の日> 



実は、いつもの「歌声広場」が今度の日曜に迫っているのだが、
12月のリクエストに舟木一夫さんの「右衛門七討入り」を選
ぼうか・・・と思ったぐらい、忠臣蔵に入れ込んでいた時期が
あったのだったが、バタバタとした毎日の中、つい、忘れた。


ま、突然「右衛門七討入り」を持ち出されても、他のおじさん、
おばさんに腰抜かされても困るからーーーと自重した経緯があっ
たのだ。


上に引いた新潟日報コラムはさすがだ。
忠臣蔵の重要登場人物・堀部安兵衛は新潟・新発田の出身だから
して、コラム氏も今日12月14日を内心手ぐすね引いて待って
いたフシがある。

で、今日は満を持しての忠臣蔵がらみのコラムとなったのだろう。



実を言えば、当方忠臣蔵など昔話としてバカにしていたキライが
あったのだが、去年の秋ごろに偶然観た古い映画『最後の忠臣蔵』
でハマったのだ。

今、TBSドラマ『陸王』で抜群のキレを発揮している役所広司
が主演した映画(2010年12月公開)だったのだが、討ち入り
前夜に逃亡した瀬尾孫左衛門と言う役で、大石家の用人。

怖気づいての逃亡などではなく、大石内蔵助の密命を帯びての出奔
という解釈だったのだが、何しろ、役所広司の存在感で惹きつけられ
のだった。


それからあれこれ調べ始めると、笠間市の日動美術館のすぐ下の小さな
藪地が「大石内蔵助の先祖邸跡」というのが、史実だというのが判り
始めた。

正保2年(1645)に播磨国赤穂に移封されるまでは常陸国笠間で城
を構えていた浅野家。
その家老職大石家は、城の麓の今の日動美術館下に屋敷があったものだ
ろう。


いやはや、書き始めるときりがなくなるからやめるが、新潟日報のコラム
を見るにつけ、水戸光圀をはじめとして徳川一辺倒になってしまった茨城
と、本当の足元を見続ける他との郷土色の違いにも思いを至す今日だな。




人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

徳川の江戸進出以降、常陸地方の佐竹色の一掃、その他の地方大名、土豪
の平定・・・・・。知られざる凄まじい徳川化の波があったのだろうな。


笠間時代の浅野家については、『笠間市史 上巻』「第3章 五万石笠間
藩の藩政」の中「第一節 浅野笠間藩の政治」に詳しい。

美談の忠臣蔵なのだが、リアルには他藩と比べても重税だったともあり、
赤穂では、浅野家お取り潰しにあっては、庶民層には<手を打って喜ばれた>
との記述を目にしたこともある。

簡単な入門書としては、■菊池明著『図解雑学 忠臣蔵』ナツメ社 255ペ
ージ を常備しておくと便利。
PR


今日12月13日は「何の日?」


今朝の新聞にあった大田胃散の広告によれば、12月13日
は「イニ イサン」で「胃に胃酸」の日なんだそうだ。


あったく。

ムリなこじ付けで、騒がんで欲しい・・・。
頼みますヨ、もうっ。



しっかし早いもので、あの東日本大震災からもうじき7年が
経とうとしている。

そして、幾多の大震災被害の中でも、際立って耳目を引いた
大津波による児童74人の死亡・行方不明、教職員10人死
亡という大惨事を生んだ、大川小学校被害の責任の所在を巡
っては、裁判にまで持ち込まれたのは周知の通り。

その控訴審が、いよいよ来年1月23日に仙台高裁で結審を迎
える予定というが、あらためてその経緯を読む機会を得た。


●私たち19遺族は本当のことを知りたいだけだ 大川小はな
ぜ51分間も校庭に留まらせたのか
(東洋経済オンライン 12月12日15:00 gooニュース)




当方は、昨年6月に笠間市地元団体の被災地ボランティア活動の一
環でこの大川小学校を訪ねる機会があった。

今では廃墟と化した校舎を訪問し、凹型の校舎の中庭だったのだろ
うか、災害の瞬間はこの凹型部目掛けて大津波が渦を巻き、やがて
その水が引いた後には児童達の遺体が折り重なっていたというその
場所の雑草曳きをして来たのだが、静まり返る2階建ての廃墟が
たった1,2時間でそうなり、多数の犠牲者を生んだのがウソのよ
うに静まり返っていた。


大川小学校の正門前の県道の両側には昔ながらの集落が109世帯
ほどもあったらしいが、訪ねた折には全て消失して荒涼とした平地
になっていて(住民の死者・行方不明者197人)、「北上川のほ
とり」とは言え、川までは歩くのが憚られるほど距離があるように
見えた。

それほど距離があるような集落全体を飲みこみ、揚句にさらに山より
の小学校付近で渦を巻きながら学校を飲みこんだ、津波の大きさとい
うものが、到底想像が出来なかった。


しかし、「百聞は一見に如かず」の言葉どおり、現場を実際踏査して
みると、大災害の人知を超えた凄まじさを実感出来た。


『東洋経済オンライン』の上記記事がmsnにも掲載されていたのだが、
そこでの記事見出しは『山さ逃げっペ、届かなかった児童の声』(msn)
というもので、津波直前の生の叫びが胸に迫る。


上記にリンクした記事は長文ではあるが、是非お読みいただきたいと思う。
近隣集落住民の避難場所にもなっていた小学校。
川までの距離を考えれば「まさか、ここまでは・・・。」という気持ちも
あったのだろう。

低学年の児童たちの体力、非難して来た住民の高齢者のことを考えれば、
一見急峻な裏山への避難には逡巡があったかもしれない。


しかし、津波到達までの51分間を考えるとき、何より「高いところ」へ、
の決断が必要だった。

記事中にもある「三角地帯」は、当方も見て来たが、あのようなところへ
の移動というのが、結果論としては何の役にも立たないことは自明だった。



お茶濁しでなく、<災害の前では人間なんて蟻んこ程度>と考える思考があ
れば、時間は懸かってもまずは「高いところへ」、これが全てだ。
この動物的直観が勝っていれば・・・・と悔やまれる。


ミエや外聞を金繰り捨てて、整然と「高い所へ」

これが、何よりの教訓。




人気ブログランキング       
よろしくお願い致します。

大川小学校の事案は、ネットにも石巻市民有志などによる詳細な記事があ
ります。
今日のリンク記事をきっかけに、そのようなレポートにも触れてみて下さ
い。

また手元にある本■池上正樹=文 加藤順子=文・写真『あのとき、大川小
学校で何が起きたのか』青志社 2012年 などの書籍にも、いいものが
あります。

何より過去のこととせず、人ごととせず、自分のこととして考えることがリ
スク耐性を強くするものだと思うのですね。

近所のリフォーム工事の予定が、当初は10月1日から11月
30日だった。

ところが、どう暦を読み間違えたのか、始まったのが11月6
日(月)からだもの、12月に入ったというのに、まだ、<工
事期間>なのだろうナ。


今日あたりは、大型のショベルカーまで入って大音響の上に、
地響きまでする始末。
ナ、なんじゃあ、バクダンかァ------ッ!?????

あったく、責任者だせ~~ェと声を上げたくなった・・・・。



揚句に今日からの寒波だ。

サブ、サブゥーーーーーーーーーーーーーーーッ。

まあ、何とも、盛り下がるバッカの今日だ。

●平成29年12月12日12時 実況天気図 (気象庁)




さて今日は、今年一年を漢字一文字で表す「今年の漢字」が
発表になった日だそうで、こういうニュースに触れるといよ
いよ<年の瀬>を否応なく実感する。

●今年の漢字は「北」に決まる
(2017年12月12日14時06分 ORICON NEWS)



記事中には、選ばれた「北」以外の、2位から10位までの漢
字も紹介されているが、9位の「倫」以外はありきたりで、ぴ
んと来なかったが、あなたは如何でしょうか?



個人的には、やはり「北」が一番ピタリと来たな。

しかもこの「北」現在進行形で、大晦日の紅白歌合戦の最中に
異変が起こり、紅白中継が中断してニュース映像に切り替わる
といった事態だって最悪想定されるというし、来年2月のピョ
ンチャン冬季五輪が間際に胡散霧消してしまう恐れだってある
というのだから、爆弾を内包している「北」の一文字だ。




人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。



今日は1週間ぶりの八反山散歩。
12月の「歌声広場」も近づいて来たため、腹式呼吸の調整の
意味もあった。


風もなくイイ散歩日和ではあったのだが、いつものコースの半ば
あたりの田んぼ付近には、こちらが気持ち悪いぐらいのカラスの
群れが・・・・。

こちらが「ひとり」に対し、相手のカラスは30、40羽もいたろ
うか?
ヒッチコックの映画『鳥』のシーンが過ぎり、歩きながらも身構
える。

ったくもうーーー、襲われたら????????


田んぼの乾いた表面に降り、何か探しているのだろうか?エサに
なりそうなモノがありそうにも思えなかったが。


また、散歩道にかかる大きな木の何本かの、葉のない枝に数羽が
止まっていて、コチラが歩いて行くと、また、道の先の別な木の
枝に移る。


どこかへ行けばイイのに、上からコチラの様子を伺い、安全距離を
保つように移りやがる・・・・・。

たかがカラスなのだが、コチラがひとりだとやっぱり、いい心持ち
ではなくなる。



そんな道をやり過ごしてしばらく進むと、左手の、割と頻繁に耕作
を続けている畑の真ん中に、一本の棒切れが立っていて、しかもそ
の先っぽ近くに、30センチほどの黒い物体が括りつけられていた。


先ほどは風も無い日だと思ったのだったが、その棒切れの物体を見
ると、ジッとはしていなくて、かすかに風に揺れていた。


もう何年も散歩コースにしている道だったのだが、こんなキテレツな
ものがぶら下がっているのは初めてだった。



ひとの畑の中まで入ったことも無かったのだが、今日は初めてその
物体を確かめるために、その畑の通路に入り込み、「棒切れ」の近く
まで行ってみた。


それは、クビの辺りをひもで巻かれ、ぶら下げられたカラスの死骸だっ
た。



散歩途中で、春先、夏場、秋の稲刈り時期など、どの季節にも見掛ける
仕事熱心な農家の方の畑だった。
おじさんひとりで、雑草刈りに精を出していたり、またある時はご夫婦
で菊の花(友部は菊の花の産地だ)の取入れだったりと、間違いなく勤
勉で物静かな方々だった。


その方の畑で、カラス達への「見せしめ」としての死骸のぶら下げ。


少し驚いた今日だったが、そのぐらいまで、カラスの仕業が我慢ならない
ところに来ていたのだろう。



シロウトのコチラが通り過ぎるだけの、何の変哲もない、耕し済みで綺麗
になっている黒土の畑。

ところが蒔いた種を喰い荒したり、発芽までの温熱効果を企図したビニー
ル幕を掘り起こしたり・・・・・・と、労力を懸けた作業を無にする様な
カラスの悪行の数々が再三だったのだろう。



死骸の吊るし首など、マカロニウエスタンかギリシャ・ローマ時代を扱った
映画でのことが思い出された、何とも一見残酷な場面だったな。

それと、農家のおじさんの怒髪天の腹立ちにも同情したけれど。



●畑の近くにカラスの死骸を吊るす意味は何?
(YAHOO!JAPAN知恵袋)




人気ブログランキング       

よろしくお願い致します。

一日曇り空で過ぎた今日、近所の空き家のリフォーム工事は
ショベルカーの大音響が続いていたのに、16時前にはピタ
リと止み、アッと言う間にエライ早い撤収でヒッソリと無人
に。

さすがにプロの連中だ。


今の時間には、外に雨音がしきりとなった。

虫でも野鳥でも雨の予報が出来るのだもの、ましてや野外が
戦場の職人さん、その(撤収の)早いコト、早いコト・・・。

内心舌を巻いたナ。



さて、今日の話題を。

●クマ1頭を無許可で飼育「駆除かわいそう」
(2017年12月6日19:02 日テレNEWS24)



ここ数年は、クマやらサル、イノシシ、シカなどの野生動物
と人間社会との異常接近事案が増加の一途で、死者まで出る
騒ぎの深刻な社会問題になって来ている。

農村地区を中心には超高齢社会の昂進で、人と野生動物との
棲み分けの境界が曖昧になるといった里山の荒廃と言われたり
しているが、ヒシヒシと進行する地球温暖化の影響からか、エ
サとなる山の収穫物の年ごとの不安定化なども要因としてあるの
だろうか。


いずれにしても、かつてなどならあり得なかった住宅地やら子供
の通学路にさえ、野生動物が出没するに及んでは、行政などを中心
には、一層の対策強化を期待したいところだ。

だが、それらのことで、野生動物と人間がキチンと棲み分けをして
行くことは当然ながら、一方で、動物を見れば反射的に「コワ!?」
一辺倒に反応することもやや問題ではないかな、とも思うのね。


野生動物と人間は、当然に生活を異にしそれぞれが応分の分を弁え
た上で、共生していくことが自然なのだと考えたいと思うのね。

「うわっ、こわ!!」「ヤダ、ヤダ!」「殺しちゃって!」一辺倒で
はなくて、「かわいそう」の心だって必要に思うのですね。


今日リンクした記事の秋田県の畜産業男性が、飼っている牛のエサを
横取りするクマに手を焼き、駆除のワナを仕掛けた矢先に掛かったの
が子グマ。
そうしたら、「駆除はかわいそう・・・」と飼ってしまったと。

日テレのニュース画面で見ると、2,3歳のクマとは言っても相当に
デカい。もう、猛獣の様相だものな。


でも、子グマの段階から飼っていると情も移って「カワイイ」のだそう
で・・・・・。

日テレでは無許可飼育の疑いで動物愛護法違反(地元紙・秋田魁新報で
は鳥獣保護法違反と出ている)で書類送検されたらしいが、ご本人は
今回の摘発を受けても、正式に申請をして今後も飼育を続けたい考えの
ようだが、秋田県はどう対応するのだろうか?

無許可でクマ飼育の疑い、畜産業男性を書類送検 鹿角署
(2017年12月6日 秋田魁新報)





人気ブログランキング      


ちょうど20日ほど前に、どういう経緯からかは忘れたが、マタギが山
から連れて来た子グマ2頭を、自宅で育てたという本を買っていた。

10年近く前の実話だから今どうなっているか?は不明だが、本の中の
話では飼って8年を経過している・・・とのことだった。

主人公のマタギさんは、飼って2年を過ぎたのを契機に、山へ帰すこと
にして、御馳走を食べさせた後、家から1時間も歩いた山の中に置いて
来たという。
2頭がじゃれ合って遊んでいるスキに、林の中へ姿を隠し、寂しさも感
じながら山を下りたそうな・・・・。


帰ると、クマ小屋の前で奥さんが涙ぐんでいたともある。





ーーーーーーーーーーーーと。

翌朝。

庭に出てみると、2つの黒い物体がころげ回って遊んでいたそう。



笑っちゃいましたね。


『マタギに育てられたクマーーー白神山地のいのちを守って』金治直美
=文 佼成出版社 2008年12月第1刷  というのがその本。

児童向けの本ですが、エッセンスには子供も大人もないと思うのですね。



ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 11 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]