忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
毎日梅雨のような天気が続き、もはや、今が「真夏」だと言う
のを忘れてしまうナ。


今朝の新聞によれば、水戸市でも降雨観測が4日から15日連
続となり、8月の平均気温が7月に比べ3℃以上低い27.7
℃だそうだ。
それから、毎日が梅雨みたいだと思って来たが、記事によれば、
8日から17日までの日照時間合計は31.1時間で、平年に
比べ、54%でしかないのだそうだ。(以上、読売新聞茨城県
版 2017年8月19日付)



先ほどの昼過ぎには、雨の予報はあったにはあったのだが、突然
のドシャ降りには参った。

ま、ほどなく止んだのだが、それにしても瞬間には、これだって
ゲリラ豪雨に近い”まともじゃない降り方”だ。


ちょうど図書館に行った時刻だったのだが、建物周りには<突然
の雨>で、駐車場の自分の車にも行けない人が何人もいた。

これだもの、いつ何時、自分が「1時間に150ミリ」の激雨に
遭遇しないとも限らない時代だと、マジ思うよね・・・・。



「車が水に浸かってしまう時、何センチまでだったら大丈夫だろう
か?」
ニュース映像を見ていると、結構冠水している道路をなんちゃなく
走る車を見る時があって、いつも思っていたのだが、ちょっとイイ
タイミングの記事が今日出ていたもので、以下にリンクしておきま
しょう。

こういうサイド情報を見て置くことも大事だと思うのですね。

●30センチでエンジン停止 自動車による”浸水”危険レベル
(2017年08月19日09時50分 ORICON NEWS)






人気ブログランキング     

よろしくお願い致します。

そういえば、冠水した道路を普段と同じようなペースで車を走らせたら、
途中でエンジンが停まってしまったという知り合いの話を聞いたことが
あったな。

その人が修理に出したら、エンジンの全交換となり100万円以上懸か
ったと聞いた。


フロントガラスやらバンパー、外縁部のシャーシとかじゃなく、車の駆動
部そのものはエンジンだものナ。車=エンジンと言ってもいいもの。


調子コイて冠水道路を走って、後の祭りにならないよう気をつけましょう。


PR


昨日はお盆の墓参りに行って来たのだが、御多分に漏れず道路
渋滞にハマり、往復で5時間の半日がかりになってしまった。


東北道の帰省ラッシュほどではないにしろ、普段のスムーズな
常磐道に比べると雲泥の差のエライ混み様。
ズタボロだったナ。


今年だけが13日だったのかと、手元の手帳を調べてみたのだが、
結局我が家のお盆の墓参りは、4年連続で8月13日だった。

どうして今年だけが「疲れたなァ~」と感じたのか?

つまるところは、自分の”寄る年波”ってヤツだったのか?と思う
と、ちょと辛い・・・・。



さて、世の中お盆休み中だと思うので、普段は考えないそんな話
題を。

●お金に関して「もっと早く知っていたら・・・」と後悔したこと
はある?
(マイナビニュース アリウーブ 一日前  msn)



普段などついつい忙しさにかまけて、深くも考えないでいる支払い
方法だったり、カード使いやポイントのこと。金利のことなど。

少しまとまったこの盆休みなど、ふと立ち止まって考える機会だった
りするかも知れません。


ウチでは今日、家人は実家のほうの”新盆見舞い”とかに出掛けて来ま
した。
お盆古来の風習やら近所付き合いというものもあると思いますが、
何もない<いつもの休日>的に使える日があるとすれば、こういう普
段考えたこともないことに、フト立ち止まって考える機会にすること
も大事かもしれませんね。



さて、この欄の本来的なことで付け加えたいのですが、そして、こち
らの方が今日の申し上げたいことの一番なのですが、ご自分の「自動
車保険」をチェックしておくこともお薦めしたいですね。

まだまだデフレ基調の経済が続いている実感ですが、何もなければ一
年毎に掛け捨てになってしまう「自動車保険」。
これは考えようによっては勿体ない話なのですが、本来が、まさか
・・・の時のつっかえ棒が「自動車保険」などの保険の役割です。

ですが、増えない実入りを考えると、つい現実に負けてしまって、
最低限の自賠責保険だけにしてしまって、任意の自動車保険をヤメ
てしまう人がいたりします。

実際、サラリーマン時代の当方の近くにもそういう人が実際にいた
ことがあります。
再三説得をしたのですが「だって、金ないですモン・・・。」
・・・そう言われては、引き下がるほかなかったですね。



●個人で支払いは不可能!「自動車保険」高額賠償金の実態
(上毛新聞 2017年8月14日(月)AM09:30)



いやはや、骨子しか書いていない味も素っ気もない記事ですが、却って
単刀直入な記事が読みやすく、説得力抜群なものになっています。

「自賠責保険」にしか加入していない方は、是非、読んでみてください。


当方などは判り切った記事と思ったのでしたが、記事中の<高額賠償
認定損害額 過去の事例>として書かれている、3例の賠償金額を読ん
でみて、愕然としましたね。

自賠責保険が満額認められたとしても、被害者の死亡事例や後遺障害の
事例との差額は、自分が任意保険未加入ならばニッチもサッチも行きま
せん。あらためて考えて見ると、恐ろしいことですよね・・・・。


どうぞ、有意義なお盆休みをお過ごし下さい。




人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。




今朝の読売新聞に、県立図書館で明日13日まで開催という企
画「茨城郷土部隊の戦時資料展」の記事が出た。

茨城郷土部隊資料保存会が企画したというものだった。


明日は墓参りに行く予定があったもので、急遽あわてて出掛け
たのだが、ま、お年寄りが集まって準備したものだからか、内
容といえば散漫なもので、無駄足だったという印象。


こういう企画は、戦争の悲惨さを忘れないための情報を、若い
世代とも共有して行くために、やらないよりはやった方がよろ
しいのかも知れないが、やはりその『切り口』の焦点を絞らな
いと誤解の元となってしまうから、企画する方には頑張ってい
ただくことを望みたい。

●ペリリューの戦い (Wikipediaより)


●雨の九段坂 歌:三橋美智也 昭和36年4月発売(YouTubeより)




さて、昨年夏からわが事務所の暑さ対策の一つにと「緑のカーテ
ン」を始めて今年は2年目。家人が去年採ったタネを植えたユウ
ガオが、今晩にようやく一つ目の花をつけた。

先日には、事務所の窓を覆ったネットに挟まれて変形したのか、
ひとつ目の花はこちらが気が付かないうちに地面に落ちていたも
ので、今晩のが今年現認した最初の花だ。

7月の暑い瞬間にも水遣りを欠かさなかった、その苦労が報われ
た達成感を味わっている今宵です・・・。

●夕顔の花 (ネットの写真にリンク)





人気ブログランキング     

よろしくお願い致します。

うちのユウガオ6株に聴こえるとマズイんですが、緑のカーテン用
にはユウガオは向きませんネ。


何しろ、日中の太陽がガンガン照る頃には、他の植物・・・、まあ
向かいの方にある家のフェンスに這わせた朝顔だって、葉っぱが
ピンピンしているというのに、ウチのユウガオだけは、意気地なしで
ヘナヘナと萎れているんですヨ。


ガンガン照る夏の太陽の日よけ用に植えて、朝晩しっかり水遣りだっ
て欠かさないというのに、その肝心の日中にヘナヘナ。

ジェンジェン『緑のカーテン』の用を為さないなんて、何のための
ユウガオなんだか・・・・・・・・・・。


でも、今咲いた夜のユウガオ。
これはこれで、イイもんだ。




またまた、今日もどんよりとした曇り空だ。


今日のTBS『ひるおび』。
気象予報士の森さんによれば、この先もさえない天気が続き、
次に晴れそうなのは8月26日あたりからの4日ほど・・・
だと。

それだって、台風発生などがあれば変わるそうだけれど、いず
れにしてもその後は前線が張り出して、「秋の長雨」の季節に
突入なんだとか!?



エッ???
それじゃあ、もう「今年の夏」はオシマイということで!?

ガックリ。

ウチなんか、睡眠中の熱中症予防のために、わざわざ先週日曜
にエアコンを増設したばかりというのに、なんの役にも立たな
い。


一昨日は17時過ぎに散歩に出たら、車から降りてすぐ、パラ
パラと雨。

途中の一軒家のおばあさんも、「雨だ、雨だ・・・」とか言いな
がら洗濯物を取り込みだしたその脇を通りかかり、さすがに、こ
れは『本降り』になりそうなもので、散歩を途中で断念した。

結果は、残念ながらコースの3分の1しか歩けなかった。



で~も、道路脇の田んぼの稲。いつの間にか分ケツが進み逞しく
育ちましたな。
もう、稲穂も実って収穫まではあと1か月ほどか。

当方「田んぼ」「稲」を見るのが好きでして、事務所の壁には富山
和子さんの『水田は文化と環境を守る●日本の米カレンダー』を毎年
提げております。


そんなことで、毎日観ている連続テレビ小説「ひよっこ」の昨日、今
日の回は特段にイイ回で、録画をまだ消去しないでおりますヨ。

今週はお父ちゃんが奥茨城村へ帰郷し<谷田部実>として再出発する
姿が描かれましたが、高萩市で撮影したという『田んぼの風景』『田
植えの様子』がしみじみ素敵でした。

田園風景の緑、水を張られた田んぼはまだ底の泥が見える、この景色
が最高なんですよね・・・。


●「ひよっこ」112話。お父ちゃん、帰郷して「谷田部実」という人
生とに向き合う
(アメーバニュース 2017年08月11日08時30分 木俣冬 筆)



ドラマの主人公みね子が生きた時代を反芻したくて、歌声広場でもその
頃の歌を選ぶために興味を持ったのだが、昨晩には■萩野広著『三橋美智也
ーー戦後歌謡に見る昭和の世相』(アルファベータブックス)を読み終えた。

この本の中で今更ながら驚かされたのが、実質経済成長率の数字。
高度経済成長期14.5%を記録して最大だったのが昭和36年(1961年)
という。
みね子が集団就職で上野駅に降り立ったは昭和39年だったから、まだまだ
この高度経済成長の真っ只中だったわけだ。

今ではそれが、目標の成長率2%が達成できないそんな時代、隔世の感だ。

テレビのドラマとは言え、偉人伝系統と異なるフィクションのそれであっても、
ひた向きに生きた名も無き庶民を描くドラマに引き寄せられるところ大だな。




人気ブログランキング     

ここ数日のトランプ米大統領と北朝鮮とのミサイル発射を巡る警告・報復との
舌戦の応酬たるや、緊迫の度合いを増している。

わが日本の新聞・テレビの騒ぎときたら、「明日どうなっちゃう??」レベル。

なんでこうもヒートアップしてしまうの!?ってヤツだ。



むか~し、品川隆二という時代劇俳優がいて「てェ~~へんだ、てェ~~へん
だ!!」が決まり文句の、慌てん坊がハマリ役だったのがいたのだが、まったく、
もちょっと冷静になれねェ~のかい・・・・というのが、今のマスコミだな。



●北朝鮮のグアム攻撃示唆はアメリカよりも韓国に構ってほしいからである可能性
(HARBOR BUSINESS Online 6時間前  msn)


記事によれば、アメリカが本気になった時は「韓国にいるアメリカ人の退避を
行なう。」---今はそのような行動をしていないのだから=<アメリカの先制
攻撃はない!>----なるほど。・・・そりゃそうだ。

確かに今グアムに爆撃機はあるが、本当に戦争をする気なら「米軍の増員が必要不
可欠」---今は平時の機数しかない=<先制攻撃はない!!>・・・な、なるほど。


まったく日本て、何でこうも素人考えなんじゃあ????????


今日は急遽、■菅沼光弘著『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポンー緊迫する東ア
ジア核ミサイル防衛の真実』というのを発注。

世迷言ばかりじゃ埒が明かないもので、裏の国際関係などにも明るいだろう元公安調
査庁幹部・評論家という著者の本だ。シビアなのを期待して。






いよいよ今年も、甲子園での夏の全国高校野球大会が始まっ
た。


今日はその2日目。

我が茨城県代表の土浦日大高校が、第2試合に早くも登場。
そして、あれこれ言う間もなく、もう敗れ去った・・・。



昨日の開会式など見ても、全国どこの地域でも私立高校が
代表校になる時代だ。(公立校はたしか6校だけだったか。)

<野球で身を立てるつもり>の意欲満々の子ばかりが、全国
越境入学してシャッフルするようなことになっているから、
もはや、地元の中学から・・・というような、かつての選手
に見たような「郷土の誇り」的な心情など湧く余地もないよ
うだ。


全国どこでも、地元中学出身者が大概を占めるような野球弱
小高校などでは、入部部員確保もままならないと聴く。
ネームバリューのあるブランド校と永久に甲子園など夢のま
た夢という純粋郷土高校とに、2極分化が進むばかりの昨今
だから、早晩、高校野球も衰退の一途に向かうのかもしれな
い。



当方などの経験からも、近所に住むK君が地元校の甲子園初
出場の折には、心から応援したものナ。

自宅の宵闇の中で、一心に素振りをしていたのを知っていた
から、テレビの中で甲子園のサードを守っていた姿には、感
動して、他人とは思えぬぐらいに応援したものだ。

しかしそれも昔。
今では高校野球なぞ、全然・・・・。



ところがウチの家人ときたら、いまだに『野球大好き!』
・・・・・・・・、シンジラレナイ。


ま、血筋なのかな????

実は家人の兄というのが、頭に『超』が付くぐらいに野球が
好きだったから・・・。

好きが高じて、3人の子のうち男の子二人は、高校球児にな
った。


下の子は、県内屈指の進学校に入りながら、高校球児になり、
結局3年間勤め上げた揚句に、野球をやりながらも東京工大
に入り今では一流企業に勤めているのだから、大したものだ。

で、次に上の子。
実は、今日試合のあった我が茨城代表の土浦日大のOBなのだ。
ここを卒業した後に、大学リーグでも活躍し、地元では伝統あ
る社会人野球チームへと進んだ。

父親にとっては、我が子がプロまでは届かなかったとは言え、
野球人としたら、ほぼ理想に近い『野球選手』生活を送ったこ
とは、満足行くものだったと思う。

ご本人は、残念ながら病没してしまったが、サラリーマンとし
て、通勤時間を含めると早朝から深夜までという過酷な毎日だ
ったはずなのだが、加えて、毎週土日は息子の<野球>のために、
ほぼ全日を傾倒する暮らしだったから、この<野球>が命を縮め
たのではないか?とは、家人宅には言えないが当方が勝手に思う
ところだ。



そんなことで、当方個人には全然興味の湧かない”高校野球”なの
だが、今日読んだ以下の記事には、少し心惹かれるところがあっ
たものでご紹介してみたい。

●アフリカから甲子園。おかやま山陽・堤監督の奇想天外な野球
ロマン人生
(スポーティバ 集英社 2017.08.09)



初出場のおかやま山陽の試合は、明日3日目の第3試合、福島・聖
光学院との対戦という。

興味の湧かなかった高校野球に、ひとつ応援するチームが出来た。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

今年はなぜかバタバタとして、好きな花・ヤマユリも見ないで過ぎた。
庭には、花弁が毒々しいピンク色なもので好きではないユリが、張り
切って6株にも増えて咲いている。

と、数日前、家の裏側の軒下近くに、白いユリが咲いたと家人が言って
来た。

あわてて見に行くと、数年前にどこだったか、近所の庭に咲いていて
羨ましく思ったテッポウユリ系の花が一輪。

へェ~エ!?

ウチの敷地に、羨ましかったその花が咲いていてびっくりだ。


調べると、どうやらタカサゴユリと言うらしい。

ユリは球根だと思ったのだが、種子で増える種類らしい。

どうやら風で運ばれたタネから発芽したらしいが、数年前に発芽した
のが今年初めて咲いたらしいとは、家人の話。


連作障害が出やすいユリらしく、同じところに何年も育つということが
ないらしいから、また、数年後には無くなってしまうと。

風に運ばれ、いつの間にか消え去り、また、どこか違うところで花を
付け・・・・・・と、不思議なユリらしい。

タカサゴユリ 2011年(ネットのページから)



そう言えば、今日は長崎の原爆の日でした。
日本人として、広島、長崎を決して忘れないないようにしたいものです。

●長崎の鐘  藤山一郎   (YouTubeより)



ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9 11
12 13 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(11/18)
(11/14)
(11/10)
(11/08)
(11/07)
(11/01)
(10/31)
(10/30)
(10/25)
(10/20)
(10/17)
(10/14)
(10/08)
(10/04)
(10/03)
(10/02)
(09/16)
(09/15)
(09/12)
(09/08)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]