忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
先月、保守派の評論家西部邁さんが自死により亡くなった。


ちょうどその翌週だったかの『サンデーモーニング』(TBS)
に、辛口評論家の佐高信氏が出ていて、司会の関口さんから振
られ一言二言、西部さんの<人物像>について語る場面があって、
印象深く観た。



西部氏と佐高氏の対談集を読んだことがあり、文学から宗教、
経済学から政治、大衆論までお二人の博覧強記と確固とした
持論の展開には驚かされたことがあったのだが、今調べて見ると、
一年ばかり二人連名のテレビ番組まで持っていたのを知った。

まあ、それゆえ気心も知れていて、文字に起こした対談集も面白い
わけだったのだ。(TV番組名は『西部邁・佐高信の学問のすゝめ』
/朝日ニュースレター)


さて、その佐高さんの西部評だが、佐高さんはモノの比較で語って
いた。
3つほど挙げたのだがひとつ以外は忘れてしまったのが残念だが、
「西部さんは<甲>よりは<乙>が好き。AよりはBが好き。」
と言い、3つめに「黒澤明よりは、木下恵介の方が好き」な人だった、
と言った。

なるほどねェ・・・。


テレビ番組中の短いコメントだったが、言い得て妙だった。

(Wikipediaには『佐高とはともに映画ファンという共通点
があることから、雑誌上で映画についての対談も行っている』との記述
もある。)


まだ目は通してはいないが、『正論』の3月号に「追悼特集・西部邁
の死」が組まれている。また『文藝春秋』3月号でも西部邁に触れた
稿の掲載がある。いずれ目を通そうと思っているところだ。



実は、今日西部氏に触れた経緯というのは、以下のネット記事に触発さ
れたからだ。

●西部邁の「自裁死」を美談にしてよいのか
(2018年02月10日11時15分 PRESIDENT Online)




自死の本当のところは、ご本人にしか判らないのだが、それにしても
『家族に介護などで面倒をかけたくない』(上記記事)というのが原因
だとしたら、何とも悲しすぎる・・・・。

上記記事の著者宮下洋一氏によれば、この「家族に面倒をかけたくない」
から安楽死という発想は、日本人独特だとある。

なかなか示唆に富む記事だ。



いま手元には、西部邁氏の著書『核武装論 当たり前の話をしようでは
ないか』(講談社現代新書)がツンドクになっている。

その著者が「家族に介護などで面倒をかけたくない」が自死を選んだ理由だと
すれば、何とも悲し過ぎる。


連綿と生に執着する・・・、<それこそが自分の生を腐らせるニヒリズ
ムの根だ>(上記記事)という美学。ま、それはそれでイイのかも知れない
が、根幹は、村のジッチャン・ばあちゃん同様「迷惑をかけたくない」だっ
たとすれば、やっぱ、悲し過ぎる。

葬儀も何もない別れだったというが・・・・。




人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

成年後見制度の使いづらさもあって、いま、家族信託への関心が高まって
いる。
はてはまた、残した財産を社会に還元して逝きたい・・・という願望も高
くなっていると。

西部邁氏の残した知的業績の峰の高さ、それはそれで立派であったと思うが、
名も無き人々の「少しでも何かを社会に残したい・・・」この願望の気高さ
にも首肯する。


「実はですね・・・、遺贈をしたいと思うんですけれど・・・。」
「はっ!? 「いぞう」ですか・・・??????」

「『たいぞう』さんなら知ってますけど・・・・。」

だめだコリャ!!

なんて言われないよう『遺贈寄付ハンドブック』を昨日頼んだら、もう
今日着いた。日々ベンキョウが続く。










PR


昨日は、午後12時から親類の葬儀に行って来た。


その前日に、少し面倒な車庫証明申請が突然に入って、急遽
現場調査に飛び回り、昨日は葬儀出席前に警察署にその申請
書類を提出してから出掛けた。

葬儀の出で立ちで申請カウンターに行くのも憚られたもので、
コートを羽織りマフラーで黒ネクタイが見えないよう完全武
装で入っていった・・・。

朝の仕事始めの時間に、葬式スタイルで入って来られたら警察
だってイヤだろうからな。



幸いに昨日は、風もなく春近しを感じさせる気分の良い晴れの
天気だったのだが、所用の前に<業務をこなしてから>という
のが、幾分気ぜわしくなった。


個人宅の車庫証明なら、住宅に隣接する自宅敷地内の駐車場と
いうのが通例だが、昨日出したのは、事業場のものだったから
道路出入り口から申請場所まで、ナント300mもあった。

その図面作製にあたっては、出入り口付近から申請場所まで
300mもの範囲を全部図面にしていては、却って申請場所の
表示がボヤケてしまう。

そんなで、思い切った経路途中の省略も必要だった。その判断
・表示にあたっては、自分自身の見解でまとめるしかなかった
のだが、出すのはカラスの勝手だが、受け取る相手方の解釈に
よっては、「このままでは受け取れない・・・。」と言われる恐
れもあった。

そんな微妙な申請を、葬式出席の前に出してから向かうのだから、
いろいろ慌ただしくなった。



向かうのは、あのテレビにも時たま出ている<あばれる君>生誕
の地、<米米CLUB・石井竜也>ご先祖様の居住地でもある、福
島県東白川郡矢祭町、車での行程2時間の距離。
最短に見積もって2時間だが、もう「これより東北」だから、気温
が違った。あちこち日陰にはまだまだ残雪があるものな。

署前でコート・マフラーを脱いだり着たりもあって、うむむ、時間
がない・・・・。こりゃギリギリだな。
こんな日に限って、前方を走る車がモミジマークでトロトロ走り。

ああ、焦る。

こんなお人は、外歩きしないで家で寝てて欲しいんだけど・・・。



ま、イライラしながらも車内では、持って出た歌詞カード4曲の練習
をし、腹式呼吸の点検、高音が出るまでの何度もの確認と・・・・。
結構自分の時間だから、行程2時間は気にならない。



ま、そんなことで、3時間後ぐらいには出席の親類だけでの忌中払い
の場所へと移る。

常磐線沿線の千葉県から来た甥は、電車で来たと。
この人の父親は車好きだったから、どんな時もケロっと東京から車で駆
け付けたのだが、その息子さんは”電車”だそうで・・・。

当方などは駅やらホームで待つ時間が苦痛で、電車内で過ごす時間も辛
くて辛くて、もっぱら車派だ。
新潟県村上市に単身赴任中だって、帰省は”絶対”自分で運転の車だった。


弟は県北の海沿いの町から、八溝山系の山越えをしてやって来た。
「道路に雪が残っていないか?心配で・・・」最初は電車で来ると言って
いたのを制して、こちらの勧めで車に切り替えて来た。



そんなことで、我が一族は「呑兵衛」党に属する部類なのだが、大子町の
甥は夫婦だったし、千葉からの甥も電車だったからウマそうにビールを飲
んだが、我々はもっぱら、ウーロン茶でトホホホホの時間が過ぎた。

ところが、ややや、ノンアルコールビールもあるって!!

おお、有難たや!有難たや!!



普段の飲み会などでは、すべてコストパフォーマンスの高い『オチャケ』類
一辺倒だったから、ノンアルコールビールなど飲んだことがなかった。

飲んでみると、これが結構イケますナ。

『飲んだ気になれる』ものね。



で、昨日も<(飲んでも)ホントに捕まらないの!?>という話になったの
だったが、そういう昨日の今日に、グッドタイミングな記事を発見。

●ノンアルコールビールや甘酒、お酒入りチョコでも飲酒運転になる!?
警視庁に問い合わせてみたところ・・・
(日刊SPA!2018/02/0915:54)



いやこれは、復習の出来たイイ記事だったな。



人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

昨日は、帰りの車を運転しながらふと、口をついて出た曲名が『残雪』
そんな歌あったよな・・・、確か。

舟木一夫の歌だったのだが、奥久慈の<残雪>の景色を見ながら、曲では
なくこの単語に魅かれたのだった・・・。


●残雪  歌:舟木一夫 (YouTubeより)



歌の物語やテーマとかではなく、ただ<残雪>という言葉が浮かんだだけだ。
福井や石川、富山など北陸の災害とも言える雪を思うと不謹慎だとも思いま
すけれど・・・。

「時代は留まることを知らず、刻々と変わる」とは知っていたの
だが、なるほど・・・・、ねっ!?という絶妙のタイミングのニ
ュースにぶち当たったな。


●王子HD、三菱製紙に33%出資へ 協業で収益改善期待
(朝日新聞デジタル 2018/02/06 17:06)




記事にも書いてあるのだが、紙の需要が減っていて製紙業が苦し
くなっているとは知っていた。

社会全体でペーパーレス化が進んでいるというし、ネットの普及
などによる読書傾向の減少による、書籍・雑誌業界など出版不況は
今に始まったことではない。
最近とみに進む新聞購読率の低下なども、紙文化退潮の要因にある
だろうし。

しかしそんな中で、上記のニュースだ。
結構深刻な局面にあることを改めて知った次第だ。




それにしても、時代変化の進み具合には圧倒される。


当方の学生時代など、最初は軟式テニス部に、初心者ながら入部し
ていたのだが、最初の年は主将が<枯れ木も山の賑わい>式の初心
者歓迎ワイワイガヤガヤ系の部運営方針で、部員も高校時代に国体
経験者の本格アスリートから宴会要員の当方らまで80~90人も
いたろうか。
結構盛り上がっていた。

ところが翌年、アスリート系の勝利至上主義の主将に代替わりして
から、宴会要員的な輩がコートを埋めていると、アスリート型の奴
の練習時間が喰われてしまう訳で、何やらお寒い空気が流れ始めた
のを悟って、そことはオサラバした。


次に入ったのが国語国文学研究会という、ま、どうでもイイような
暢気なクラブ活動。ま、結構いつも呑んでるような奴らが勢ぞろいな
のが性に合っていたようで、今でも年賀状のやり取りが続いている友
もいる。

先頃辞めた県の副知事までしていた女史も、時たま部室で出会った記
憶がある先輩・後輩の関係ではあった。
時経て副知事時代に、何かの会合で挨拶したことがあったが、能面の
ような反応で、昔とエライ変わりようにドッチラケたこともあったな。



さてさて、余計なことをグダグダ書いてしまったが、この研究会時代
には、勿論学外の印刷所に出せば、キチンとした活字印刷だって出来る
には出来たのだが、学生には先立つものがない。
よって、部の会報誌はガリ版印刷が普通だった。

よそのクラブ活動では派生的な印刷物も、当方らの場合、<会報誌が命>
的なことであったから、ガリ版の文字が「個人の個性が出ない」「誰が書
いても同じ印象の文字」で刷り上がらねばならなかった。

そんなことで、新入生や新入会員には、マルいち日ひたすらガリ切りの研
修会があった。


やがて、その経験が役立って、社会人成りたての頃は、社内の文書作りに
生きたし(当時手書き)、家人は学校に勤めたのだが、その家人の資料作
りのガリ切りも、しつこくやらされたりしたものだ。


それが、それから数年して、ワープロが出た。打ち込む文字のわずかに
一行だけが、タテ2センチ×ヨコ25センチほどの小窓に表示されるよう
な原始的な機械だった。
それからまた・・・、文書1枚の画面が表示されるワープロに進歩し、パ
ソコンへと移行して行った。



パソコン時代に移った当初、最初はパソコンが苦手で、パソコンは所有して
はいたが相変わらずワープロ使いをしていた時代もあった。
「クロダさん、ワープロは禁止です!!」なんて館長に言われながら、隠れ
隠れワープロを使っていた。

毎日メールで、東京へ連絡を付けなければならなかったのだが、まあ、この
メールが億劫で億劫で・・・・・・、という時代もあった。


今では、スマホもタブレットもパソコンも使う毎日だが、今思うと書類作り
では、インターネット全盛の現在まで石器時代時代から順を踏んで過ごして
来たような感慨を憶える。



ところが、「スマホ世代」と言われる今の若い人たちは、却ってPCが使え
ない・・・・、そういう面が生まれているんだそうで、いやはや驚いた。


これからはAIが主流の新時代がすぐそこというから、パソコンのキーを
自らが叩く必要もなくなる未来なのか知れないけれど、この2年、3年、
5年後の社会人になる世代は、やはり、パソコンが使えないとマズいんじゃ
ないかな?と思うのだけれど。

●「スマホ世代」はPCが使えない ディスプレー押しながら「電源どこ」
(2018年02月03日09時00分 J-CASTニュース)





人気ブログランキング        
よろしくお願い致します。

今日は、今期の芥川賞受賞作・若竹千佐子著『おらおらでひとりでいぐも』を
買って来た。
その帯に『青春小説の対極、玄冬小説の誕生!』とある。
当然まだ未読だが、『新たな「老い」を生きるための感動作』ともある。

老後、介護、ひとりぐらし、ニュースに目をやればそんな活字のオンパレードの
時代だ。何かのヒントになればと手にした。


一方「歌声広場」での選曲は、アホみたいに青春路線のものを選んでしまうな。


参加者の方々は呆れ返っているかも知れないけれど、自分の歌唱を数々ネットに
アップしている青春太郎さんなど、世の中を見渡せばそんな人はいろいろいる。

それを励みに頑張りまっす。


今月は久保浩さんの『霧の中の少女』、ひとりレッスン中。

最近見つけたのでは、同じく久保浩さんで『哀愁の町に霧が降る』もイイ。
4月頃を目処に練習しようと思う。森山直太朗『さくら(独唱)』を予定して
いたのだが、憶えるのがなかなか・・・・。



さあ今日からは、2月のスタートだ。


張り切って参りましょう!!と言いたいところだが、今になって
グングン気温が下がって来て、「今夜から明日の朝にかけては、
また雪」と言う予想が当たりそう・・・。

うむむ、気分も盛り下がるバッカリですな。


先ほど、ふと目に止まったネット記事がまた、ガックシ憂鬱な記
事だったもので、どうしようもない。

見出しからしてエライきっつい書きぶりだったものだから、つい
目を通してしまったのだが・・・。


●日本を捨てアジアに潜む自称”貴族”の老人たちーーーまともな職
歴なし、怠け続けた人生に焦りなし
(日刊SPA! 2018/01/26 15:52
                  取材・文 黒沢クーロン)




人生は、誰にも平等に一回きりだから、それをどう生きようとカラス
の勝手ではあるのだが、人生を無為に過ごし、流れ着いた先がプノン
ペンってね、相手先のお国にだってご迷惑だろうな。



ふと、ここで脈絡もなくある歌が口をついたのだが、ハテ曲名は何だ
っけ?
えと、えと・・・・・・・、やっと思い出して、以下にご紹介だ。

♪「異邦人」 久保田早紀  (YouYubeより)




「異邦人」の久保田早紀さん、この一曲の大ヒットの後、忽然と表舞台か
ら消え去ってしまった印象だったのですが、ご本人なりの苦労と葛藤の末
やがてキリスト教の洗礼を受け、「音楽宣教師」という道を選び、今はそ
の地道な活動の毎日だそうです。



1月の半ばの頃、その現在までの歩んで来た道がNHK・Eテレで紹介され、
偶然に観る機会があったのですが、今ネットを調べてみたらアップされてい
ましたので、ご興味のある方は覗いてみて下さい。


●名曲「異邦人」を超えて~音楽宣教師 久米小百合~ 2018/01/13
 (NHK Eテレの番組から  YouTube)




「異邦人」という衝撃的とも言える作品を、同時代の人々の心の底に深く定着
させながら、ご本人自身の人生は、意味ある果実をその都度実らせ実らせ生き
て来ていたことを知った時、あらたな感動を憶えたものでしたね。




人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

今日は、昨年11月に実施された行政書士試験の発表日だった
のですね。

先ほど行政書士試験センターのWEBを見ましたら、合格者が
6360名、合格率15.7%だったとある。


不合格者が34,089名もあった大変な試験でしたから、合格
された方にはおめでとう、と申し上げましょう。
また、残念ながら合格までには届かなかった皆さまには、捲土
重来新たなスタート。
「成る」と決めたからには、諦めにずに、是非再挑戦、頑張っ
て下さい。


前年の合格率が9.95%でしたから、今年の合格率がだいぶ
あがり目だ。ハッキリ統計を追ったわけじゃないですが、合格率
の乱高下は以前から続いていますよね。

年によって、試験問題の難易度に差が出るのかといつも思います。

いや、今年の合格者の方にケチをつける訳ではないんですヨ。


さて試験センターの資料を見ますと、最年長合格者が75歳の男性
3名。最年少合格者は18歳の方4名でいずれも男性だったとか。


申込者の中の最年長は93歳の男性、いくつになっても挑戦する生
き方には頭が下がりますね。
一方最年少は8歳の女性だったとある。実際に試験に臨んだのかは
定かではありませんが、これはチト・・・。


ま、受からないことには話にならないのですが、受かったとしても、
現実の業務についてからがいろいろ大変で、本番はこれから!!

頑張って下さいね。



さてさて、また関東では1日夜から2日にかけて、雪や雨の予想が出た。

先週22日(月)の大雪に続いて、またまた雪の予想なのだが、実は
笠間市のチベット、我が団地では29日の月曜日も19時頃から24時
前の頃まで雪が降ったのです。

参りましたね。


で、昨日は午前と午後の2回、家の前の道路の雪掻き。
それだって、積雪量自体は前回ほどではなかったと言うのに、もうアッと
いう間にアイスバーン状態になった。


そんなで昨日だけでは撤去しきれず、今日もやや気温の上がった昼過ぎと
夕方の2回、もう雪でなく<氷割り>をやりました。

ポケットに携帯を入れての作業は邪魔臭いもので、事務所に置いたままで
アルミスコップ、プラスコップ2本使いでひたすら肉体労働・・・・・。


この間、1時間も経ってから携帯を見ると、あらら、県外から着信記録。
『出ないもので、他の人に頼みました・・・。』というようなコトが何度
かあったもので、折り返しはしなかったけれど、ったく、チャンスロスだな。



「雪」と聞いただけで・・・、「雪」と聞いただけで・・・・・。
眩暈を憶える今日この頃だ。
(この口調のテレビCM、リンケル皇帝液ドリンク でっしたっけか???)



●知ってますか?雪道をノーマルタイヤで走ると法令違反になるんです
 各地で渋滞が相次ぎましたが・・・
(2018/01/23 11:53 BuzzFeed NEWS)



当方は勉強不足で知らなかったのですが、この記事の最後尾に「同協会
のホームページ」と記述があり、リンクが出来るようになっています。
同協会とは日本自動車タイヤ協会だそうで、このリンク先に各都道府県
道路交通法施行細則が載せられています。
茨城県だと、「施行細則 第13条第4号」

雪道に十分お気をつけ下さいませ。




人気ブログランキング      
宜しくお願い致します。

さて最後に、昨日の拙ブログ中、厳密に言えば誤りになる記述がありました
ので、お詫びの上訂正させていただきます。

■訂正部分:30日付の拙ブログ中の6行目から7行目
      『・・・中国の潜水艦が尖閣水域を国際的には認められない
       「潜航したまま」航行した事案…』という部分。

     何分国際法及び軍事学のシロウトが書いたブログゆえ、誤りが
     ありました。
     取り敢えずは、手元の乏しい資料として「読売新聞 2018年
     1月20日付の<中国海軍の潜水艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続
     水域を航行した>事案を扱った同紙『解説スペシャル』欄を参照し
     て、訂正をさせていただきます。


     同記事によると、『接続水域の水中を潜没航行すること自体は、国際
     法違反ではない。』と言う。

     今般の、中国の潜水艦は『「第1列島線」で、中国海軍が東シナ海か
     ら外に出るルートのうち、沖縄本島と宮古島の間は、・・・(略)
     ・・・中国海軍が近年活発に行き来している戦略的要綱だ。(以下略)』
     (読売記事)とある沖縄本島と宮古島の間(幅が250キロ以上と広い
      海域)のうち、わざわざ、我が国領海に接する「接続水域」を潜水
      したまま通るという刺激的航行をした点は、「国際法違反ではないが」
      友好関係を築く上ではそれに反する行為であった訳だ。

     
      一方、「領海」の場合は『国際法上、潜水艦は他国領海では浮上航行
      する義務がある。』(上記読売新聞解説記事)


      幅250キロ以上もある沖縄本島・宮古島間の水域であるから、我が国
      の「接続水域」を航行しなくても自由に航行出来るものを、わざと
      接続水域潜航航行したのは、『日本の探知能力を探った可能性』(元
      海自潜水艦隊司令官小林正男氏/読売記事)というのだが、日本だって
      ナゾに包まれていた中国原子力潜水艦「商級」改良型のデータ蓄積が
      出来たとある。

      潜水艦のスクリュー音は、ソナーで探知し蓄積すればヒトの指紋のよう
      に、その音の特性からどの艦か特定出来るのだそうだ。

      記事にもあるのだが、接続水域を潜航航行した後(スクリュー音を多数
      収集出来た)ご丁寧にも、今度は浮上して航行もしてくれたため、
      海自は音と実際の艦姿両方を捉えることが出来(読売記事は「答え合わせ」
      が出来たと書いている。)



      国と国との関係とは徹底したキツネとタヌキのバカし合い。右手で双方が   
      ビンタし合い、また左手で親しく握手し合う関係に例えられる。


      ただ、『尖閣周辺の場合、自衛隊と中国軍偶発的衝突の危険性をはらむ。』
      (冒頭にご紹介した読売新聞解説記事から引用)
      それゆえに、接続水域の潜航航行は厳密には国際法上許されるとしても
      日本としては看過出来ない中国の行動であったのだ。

      以上、訂正をさせていただきました。 

      
      



ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]