忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
先週に県北地域の桜の名所を訪ねるのに、高速道を使った時のこと。

自宅を出る直前、ETCカードを車内の端末にセットしたら、
一拍、2拍の沈黙の後に「・・・・認証されました。」の自動音声。

オシッ!!

じゃあ、出発だ・・・・。



一般道をしばらく走り、水戸インターまで行き、当然にETC表示
のゲートを過ぎようとしたら・・・・。


ーーーーー過ぎようとしたら!!




前車の後、一旦降りたゲートがワタクシの車の番になったら、上がら
ないではないの!???

ゲートのスピーカーの音声が「カードの期限が切れています・・・」と
来た!!


んにゅ?????

そんなハズなかろ?

自宅を出る時、確かに自動音声が「・・・・認証されました。」と言った
もん。



とはいうものの、ゲートが開かないのでじぇんじぇん前に進めない。


「高速道の安全のイロハ」は判っている積もりであったが、(まだ、この
ゲート付近は”一般道”の認識だったから、)咄嗟にバックミラーを見ながら、
後続車が来ないことを確かめながらソロリ、ソロリと車をバックさせまし
たヨ。


バックして、隣の現金払いのゲートを目指すつもりであったが、また、ゲー
トのスピーカーから音声だ!!

今度はダミ声のおっさんの声で、バックはするな、通行券が出るからそれを
取って前進し、目的地のインターまで行け・・・というようなことを言った。




ま、そんなで、その日は何の問題もなく目的の桜満開を見て帰ったのだが、
それにしても、カードの期限が切れる前には新しいカードが来るハズじゃ
ないですか?

でも、その更新のカードなど受け取った憶えがなかった。


先週の平日の夕方、カード会社の電話受付など「24時間いつでも」と舐め
ていたら、クレジットカードを含め紛失など緊急の後処理をしなければなら
ないものを除いては、「夕方5時までの営業」とかで、アウト。



今日の月曜日になって、ようやくカード会社のオペレーターと繋がった。

カクカクシカジカ・・・・・・・・・、こちらの事情を話したら、去年の期限
が切れる前に送ったハズで、発送した日付も判ると言う。


そうであるから、もう一度、そちらの方の郵便物の確認をして下さいと言う。


コチラは行政書士で、事務所の郵便物の確認を常々キッチリしているから、今更
郵便物の山などないし、未着としか思えない・・・・・と言った。


「既に出してある。」「来ていないと思う。」「大分前のことだから、今から郵便
局の確認は取れません・・・」ともいうから、じゃあ、再発行は出来るのかと聞け
ば、1080円料金が発生すると言う。

ま、再発行もしゃーないかと言ったら、再度「お探しになって下さい・・・」と。



何を言うてる????
ある訳なかろ・・・・・・・・と思いながら、受話器を耳にあてたまま、デスクの
足元のキャビネット。
引き出しを試しに開けてみた!!

あらら、あった!?



ありました・・・・・(汗)、と言った後、「アホと呼んで!!」とお願いしてみたが、
さすがに、そうは呼んでくれなかったナ。



時はまさに春、どちら様も忘れ物にはお気をつけ下さいまし。




人気ブログランキング       
よろしくお願い致します。

PR


今日の昼どきには、そのタイトルに引かれ、久々に『たけしのTV
タックル』を観た。

今日のタイトルは「新宿ゴールデン街異変日本各地に中国人街!?」
というもので、ま、観る前から想像はついたが、検証の意味で触手が
動いたのだ。



新宿ゴールデン街で、ぐでんぐでんに酔いつぶれたオーストラリア
人観光客。
あらま?西洋人って人前で酔いつぶれたりしない・・・と聞いてい
たので、こりゃビックリ。


さて、急に話は飛ぶ。
昔会社の先輩にSさんという人がいたのだが、こちらはまだ仕事が
残っているというのに、その人だけは”絶対に定時退勤”のある意味
ツワモノ。

やっとこ夜の10時過ぎに当方らが飲み屋街に繰り出すと、ある飲み
屋さんの入り口ドア近くの植え込みに、超大型の狸の置物みたいな
物体が(Sさんだ)半分は横になりそうながら、座ったまま酔いつぶ
れていた。

酔いつぶれている姿がまるでマンガで、右手には酒が入ったコップを
持っていて、そんな時点でも正しく溢さない姿勢を維持していた。


相撲取りのような体躯だから、その狸の置物さんのコップと言ったら
まるで「おちょこ」を持っているようにしか見えないのだ。

もう酔いつぶれて、ご本人は現実の世界にはいない態なのだが、チャン
とコップだけは手放さない・・・・その根性は立派だったナ。


昼間エラそうにしているのだが、定時退勤の後の、「普通の社員」より
グラウンド5周は早い出来上がり具合には、流石に呆れるばかりだった。
(それが、夜の皆勤賞ものなのだから、ある意味<困ったさん>)



おととエライ脱線をしてしまった。


さて今日のテレビ。

新宿ゴールデン街の外国人観光客の迷惑ぶりを見せられ、つい、水戸の
狸の置物さんを思い出してしまった。

番組では、同じ飲み屋街での外国人の群れを成しての路上喫煙を取り上げ
たり、埼玉県西川口にみるみる成長著しい中国人街と、そこでのゴミ不法
投棄問題など、各地に噴出する「迷惑外国人問題」を扱っていて、勉強に
なった。


<どこを見渡しても、ゴミひとつ落ちていない清潔の国>という取り上げ
られ方をする昨今の日本だが、その評判に少し”良い子”になり過ぎている
感が無くはない。



むかし当方がまだ子供だった頃には、やっと海外旅行、しかもそれだって
行ける人でも、まだ団体旅行が主流であった。

そして、行ったら行ったで、欧米諸国はじめ海外では<日本人のマナー>に
顔をしかめられ・・・・と、そんな記憶がある。

マナーも知らないイモという侮蔑を込めて農協団体旅行と言われ、タイやら
韓国旅行に行けば買春旅行とも言われ、ロクな評判ではなかったはずだ。



それが、今では品行方正、大層に気取っちゃって、この動員体制強化で観光庁
が出来、日本への海外旅行客集めに躍起となりながら、来て貰ったら貰ったで、
すぐに眉をひそめる態度。


今日の「TVタックル」の最後にビートたけしのまとめのコメントがもう記事
になっているので、以下に引いた。

●たけし 迷惑外国人問題に憂慮「目先の観光客、あぶく銭もらって・・・」
(デイリースポーツ/神戸新聞社 2018/04/01 15:00)





さて、ここで別の記事もリンクしてみよう。

ちょうど桜の季節で、個人的には「さ・く・ら」という単語に過敏になって
いるフシがあり、それで読んだのだったが、これを読むと「日本人って、キッチ
リ、かっきり」でもないよ、というコトにあらためて気づかされた。

●かつて日本の花見は「ほとんど無法地帯」と化していた
(2018年04月01日16時00分 NEWSポストセブン)




長くなるので、そろそろ〆ようと思うが、上記記事の末尾近くに『一般に日本人は
礼儀正しく慎ましやかだと言われる。だが一方で実は怠惰で享楽的なのではないか
という見方もある。』とまとめている。


記事内容は大正・昭和を扱っているのだが、さらに明治期から江戸末期の頃まで
遡ると、男はシリぱしょりやらフンドシ姿で生業の肉体労働をし、夏季の頃女は
何の抵抗もなく上半身を露出し家事やら子育てをしていたとは何かで読んだことが
ある。

ま、おおらかな生活ぶりで、男女の関係でもすぐに「不倫」「不倫」と騒がれる
現代とは異なる、規範に緩やかな社会であったらしい。


ま、そんな日本人にはもはや戻れないとは思うが、もう少し緩やかで受容的な国民性
を社会全体で生み出す努力が必要かも知れない。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

笑って済ませる余裕もね・・・。

●日報抄  2018年3月30日付  (新潟日報 今日付けコラム)

今朝は少しばかり遅く起きて、新聞をチェックした後は、来週に
迫って来た地域の総会のことで家人と軽い打ち合わせ。


それにしても、この忙しい世の中、生活の懸かっている職場での
ことならともかく、その他は「役員など、進んでやりたい人」な
ど皆無に近いよね。



そんな趨勢の中、先般の集まりでは、輪番で回って来るお役目に対
し、最低限の<持ち回り分>の役割はともかく、役員選びなど、皆、
首をすっこめて黙りこくったそうな。


だろうナ・・・・・・。

判る、判るーーーーーーーーー。


で、いよいよ・・・。
それなら、最終手段としては「くじ引き」すか?????
ということになった、んだとさ。


そうしたら、世の中、一人ぐらい『アホ』がいるもので・・・、
そんなコトなら「アタクシがやります!!」という声。


ヨッ!リッパ!!

ーーーー沈黙の中、まあキッパリとした発言の様相。
ご本人曰く、「やっぱ、くじ引きなんてヤじゃないですか!?」


ば、ば、バカれすねェーーーーーー。

しかして、その正体は、な、ナント、わが配偶者だったのだ。


そんなで、今朝は軽い打ち合わせ・・・・・。  まったく!?




でもこの後、考えを<アラタメル>必要もアリ・・・・かな、と思
わせるような番組に出遭った。

録り貯めていたテレビ番組のひとつを観たのだが、つい思いがけず
涙だって出て来てしまいましたね。


70歳を過ぎた今まで、50年以上も子供相手の小さな駄菓子屋を
営むオバちゃんの話でした・・・。

それにしても、こどもの頃に通ったオバちゃんの店で、いろいろ面倒
をみてもらった子ども達が、成人式の後に晴れ姿でお店に立ち寄り、
オバちゃんに「成長した姿」を見せに来る・・・って、やはり凄いこ
とだと思いましたヨネ。

奇特な子ども一人が来るとかの話ではなくて、世話になったと10人
や15人の男女が束になって挨拶に来るというのだもの。



●にっぽん紀行「ガミガミおばちゃんの駄菓子屋~山形市~」
 (NHK 2018年3月29日(木)22:50~23:15放送
  /「goo テレビ番組」より)


(※放送を見逃した方には、ネットの「dailymotion」で
 上記に記した番組名で検索しますと、このドキュメンタリー番組が
 観られるようです。)



午後からは、風もない穏やかなポカポカ陽気に誘われ、散歩がてら、我が
家から隣接の笠間市・北山公園へ。

もうさすがに、今年の桜の見納めのような気がしましてね・・・。

来週7日、8日の土日には「北山さくらまつり」として、いろいろイベント
が組まれているようですが、来週には<もう、桜なんてない!!>と思える
ぐらい、今日がピークの桜満開!!にブチあたりました。

普段などいないガードマンさんが交通整理をしている状況で、車やら人出も
いっぱい。イイお花見が出来た日となりました。



今日の最後に、「おばちゃんの駄菓子屋」で連想させられ思い出した懐かしい
歌を引いておきますね。

●記念樹  (YouTubeより)


昔テレビ番組に「木下恵介劇場」というのがあって、そのシリーズのドラマ
『記念樹』の主題歌になっていたもの。
作詞・作曲は木下恵介監督の弟さんの作曲家・木下忠司さんの作品でした。

歌声広場で歌わせて貰おうと思ったことがあったのですが、残念ながら伴奏して
もらう楽譜が市販されていなくて、断念したことがありました。


では。


P.S.ドラマ『記念樹』の一場面が観られるページがありましたので、付記
    しておきます。

    ●『記念樹』のオリジナルドラマ主題歌  (YouTubeより)

    
    
馬淵晴子さんが好きな女優さんでしたね。


人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。

●国交省、ドローンなどの飛行許可・承認手続のオンラインサー
ビスを開始
(2018年3月23日6:55掲載 価格.com)



記事は国土交通省航空局安全部運行安全課が3月20日に発表し
た「報道発表資料」に基づいて書かれているから、あらかたは
上記記事で国の方針の全体が読み取れるものだ。


それにしても、2017年度のドローン許可・承認手続の件数が
実数で19,000件、前年比157.9%とは驚異的伸びだ。


意外と面倒な手続きで、申請者の記載漏れなどもあって、申請者
と審査側との問い合わせのやりとりなどが生じ、手続き自体に手
間と混乱のための時間ロスが懸っているのが現状だという。

そのため手続きの円滑化、時間ロスの圧縮を目途に来週4月2日
からオンラインシステムの導入を図るというのが上記記事。



だが、大方がドローン導入の初心者だろうし、申請自体も初めて
の体験というのが大概だろうから、はたしてウマく当初の目論見ど
おりとなるのかどうか?


とどのつまりは、ドローンなど無人飛行物体が無法図に飛び交う
ことで、空の安全が脅かされる恐れに対し航空法に基づく秩序の
網を駆けたのが「無人航空機の飛行許可・承認手続き」であった。



今回のニュースをきっかけに、ネット情報をあれこれ検索してみた
のだが、中には今回のオンラインサービスを歓迎して、「行政書士
に依頼すると、包括申請で3万円前後、個別申請で2万円前後も掛
かり、高いんですよね。」とえらいキツイ言い方をしている向きも
ある。
で、セルフで出来る今回のオンライン申請を大歓迎と。



ま、ウマく活用すれば、社会の広範囲に利益をもたらすであろうド
ローン技術なのは間違いない。
要は、当初の航空法の原点を見詰め直した上で、空の安全のために、
今回のオンラインサービスの利便性が活用されることをと願うばかり。




人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。

それにしても、ソバ屋の券売機で食券を買うのとは違うと思うのだが、
「行政書士に頼むと高い」から、セルフで申請する・・・・って、旨
く行くのかな???と思うのですけれど・・・・。

ま、我々専門職にとっては、このドローン飛行承認手続きのオンライン化
は、朗報だとは思っている。

3月もあと2日を残すのみ。
その間、3月下旬に向かってエライ気温の高い日が続いており
ましたから気が気でなかった・・・。

エッ!?
何のコトって?????


ソラ、のことに決まってるじゃないですか!!


当初の桜の開花予報は、茨城県水戸市だと『昨年より1週間、平年
より6日早い3月27日。』(3月15日付読売タウンニュース)

しっかし、予想外の連日の高温のせいで、それどころではない早さ
で桜開花が進んでいる・・・。




毎年、今頃の季節、花見酒などしなくても、どうにもオシリがムズ
ムズして落ち着かない。

歳のセイかどうか、何しろ落ち着かなくなるのが、この桜の季節なん
ですよ。


それがどうしたことか、忘れもしない3月1日に電話が掛かって来た
瞬間から、突如、緊急仕事モードに引っ張り込まれ、終わったのが3月
22日だったから、3月のあらかたがパソコンにしがみ付いて過ぎた。


●よみうりタウンニュース・桜スポット特集その1(3月15日付)
●よみうりタウンニュース・桜スポット特集その2(3月22日付)

加えて、■『サライ3月号』美味・美酒・絶景を愛でる<一期一会の桜旅>
まで揃え、準備万端整えていたのだが、あやや、桜前線の思いのほかの
猛スピードに、アセる毎日でしたね。



という訳で、今日は急遽の特急シゴトのトバッチリで、出せていなかった
別の関係先への事務連絡書を仕上げ郵送した後は、やっとこ、<2018年
第1回桜見物ドライブ>に。


まずは、ベタもベタな、我が団地周りの小公園を車で一巡りして開花状況
を目に焼き付ける作業。
うむよしっ!!
今日あたりで、早や満開!と言っていいんじゃないかな・・・・。

およよ、アブナイところで、満開も見ずに桜吹雪に出遭ってしまうところだ
った。



それから、毎年機を失して行けていなかった高萩市のさくら宇宙公園の桜を
見に出掛けた。
わが国初のテレビ衛星中継を成功させたパラボラアンテナ2基が佇立し桜並木
とのコントラストが見事な、歴史的にも意義深い場所だ。

思い返せば、こことアメリカとの歴史上初のテレビ衛星中継が伝えたものは、
皮肉にもケネディ大統領暗殺直後のニュースであった。

あの送受信基地が今、市民に開放されそこの桜と、直径32mもの大型パラボラ
アンテナ2基が圧巻だった。


●高萩エリア桜の名所さくら宇宙公園と花貫さくら公園の桜が見事!満開の桜
の下でお花見を
(リンク:完成度の高い写真と丁寧な案内文で紹介してくれている「ブログ」)




このブログにもある<花貫さくら公園>はパスして、かといってマッスグ元来た
道をなぞるのも艶消しな気がして、日立市内まで戻ったら右折し多賀山地を常陸
太田へ抜けるルートを選んだ。


神峰公園を過ぎたところで、今度映画化されることになった新田次郎『我が町の
高い煙突』の舞台となった旧日立鉱山・大煙突脇を抜け、銅山の坑道口であった
本山から入四間、中里を通ると玉簾の滝。
水戸黄門の時代からの名所に車を停め、しばし小さな滝に合掌した。
ウチの子の初産の時の安産祈願をして貰ったことを思い出した。


ここを過ぎて新道と合流し、一路常陸太田市内に向かって車を走らせたのだが、
市内目前まで来て、昔から馬の背と言われた常陸太田旧市街へ坂を登らずとも、
この馬の瀬の下を貫いて新たなトンネルが出来ていたのにはビックリ!!

ちょうど水戸市内の混雑を避け、気象台下に旧市内を貫くトンネルが出来たのと
同じような作りで,大変便利になっていた。
何時できたのだろう、知らなかった。



常陸太田へと入る手前の日立市の山岳地帯ともいえる入四間付近では、今が梅の
満開の時期であったが、山を下った盆地状の常陸太田では、やはりもう、桜は
満開に近かった。

また、ここ笠間の我が近所では今年、どういうわけだか、いかにも春を感じさせ
る菜の花の咲く場所をめっきり見なくなっていたのだが、常陸太田市の郊外の畑
作地域では、車窓からそこここに見られ、懐かしさを満喫した日となった。




今日のさくら宇宙公園の桜見物で、海沿い平野部の並木の桜が楽しめた。

今後早い時期に、今度は少し山を分け入った山間部の一本桜の風情を楽しみたい。


今年も、常磐百景さんが『茨城一本桜番付』を出してくれていて、場所選びの参考
には大変にありがたい。
さあて、どこにしようかな・・・・。

選ぶにしても、山間部の桜前線のスピードが気がかりだナ。


●常磐百景 『茨城一本桜番付』  (同氏のブログから)




人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。

地元まで戻って来たところで、笠間のショッピングセンター「ポレポレ」脇にある
小公園の桜もチェック。
一旦は自宅への経路を走っていたのだが、思い出して逆戻り。
いつもなら面倒臭がりの家人が、珍しく「いこ・・・」


それぞれの桜の木が、去年より大きくなって桜並木としての体裁が整って来たよう
に感じた。
ポレポレの建物に向かって、振り返ったところで視野に入る変哲もない小さな公園。



でも、かつて新潟時代に脳裏に刻んだ北国の春に、どこか雰囲気が似た景色なのだ。

長岡市に立つ長岡赤十字病院に向かって見た視線を、クルッと振り返ると信濃川河畔
にまだ大木には程遠いヒョロリ?とした桜並木があって、見渡す限り真っ平らな景色
の中の桃色のベルト・・・・。


私だけには、笠間の小さな公園の桜並木が、この季節だけ「新潟になる」貴重な記憶。

ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]