忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2383] [2382] [2381] [2380] [2379] [2378] [2377] [2376] [2375] [2374] [2373]
先日のM1グランプリ終了後も、当日の審査員のコメントの言葉
尻を捉えて、アレコレと論争になっていて喧しい。


番組そのものの視聴率も18.8%もあったというから、今どき
単なるいちテレビ番組を超えて、"ビッグな社会現象"だったとも
言える。
一夜の"お遊び事"として笑って流せない人々もいるのだろうし、
社会的関心事としては、無視出来ないレベルの事という熱い意見
もあるかもしれない。


ま、何にしても、国民の大概がスマホを持つ時代で、あっと言う間
に写真がアップされ、あれよと言う間にコメントがSNSにアップ出
来る時代だから、油断もスキも無い時代なのだろう。

そして、そんなMyスマホを武器に、人それぞれが「あっ!」とか「
うっ!」とかの間投詞レベルで、ガヤガヤと意見を言える時代がその
背景にある。



さて、今日の話題に。

これだって、昔ならお笑いのネタにあった『訴えてやる・・・!!』の
レベルのことで、世の中の大概は<そうは言っても、(訴えるのは)
冗談デショ?????>のことだったハズだ。

それが、ホントに訴えてしまったの????????というレベルの
ニュースだ。


●「カーナビに従い走り車に傷」修理費請求 地裁、男性の訴え退ける
(2018年12月05日 10時03分 毎日新聞)



記事には、カーナビ製造会社と地図データ作成会社に、車の修理費用支
払いを求めた原告の男性の年齢が書かれていないから判らないが、幾つ
の方がこんな訴えを起こしたのか、そこにも興味が湧いた。


今の世の中、日本の全就業者の約半分は低収入の非正規の方々だったりす
るから、30,40年前のバブル時代と異なり、車だってそうそうは買い
替えたり出来ない。
その意味では、今の方が「車は大事な財産」の意識が強いのかも知れない。



よって、タウン走りでなく、山道を走る可能性の高い寺社巡りの原告が、
自分の趣味性向を棚に上げて、カーナビの案内だってそんな道を選ぶ可能
性が高かったにもかかわらず、『道にせり出した草木で車に擦り傷が付い
たのは』カーナビのせい。
「どうしてくれるんだっ! 訴えてヤル!!」・・・・。

で、ホントに訴えた。



なんでこうも、子供じみた大人がいるんだろうネ?


おお、いまあらためて記事を読み直してみたら、原告の車はスポーツタイプ
多目的車(SUV)と書いてある。

本来、未舗装の道なき道を走る設計の車がSUVのハズで、草木で車が擦れる
などというのはモノともしないで走る車なのだ。


やですね。

アフリカのサバンナとかサハリの砂漠地帯を疾走する設計の車だというのに、
山形県最上地方の観音札所巡りの山道で「草木で車に擦り傷」で裁判にまで。

話がビンボー臭くて眩暈がしたナ。



いや、気持ちは解かるけれど、ね。
それがニッポンジン、それが日本なんだね。


裁判の経緯、判決文の趣旨は上記記事を読んで見て下さい。




人気ブログランキング     
よろしくお願いいたします。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]