忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2197] [2195] [2194] [2193] [2192] [2191] [2190] [2189] [2188] [2187] [2186]
いやァ、寒い毎日が続きますね。

何かとちょくちょく山を下りると、下界では早くも白梅が8分
咲き、今日などは6分咲きの紅梅だって見掛けたのでしたが、
山の上に春はまだ遠い・・・・。



ウチの白梅など、今日しみじみ見上げたら、ようやっと、一輪
か2輪ほどが花開いたばかり。


他に花は?と言えば、家人が鉢植えしている日本水仙ぐらいか。
おや、それと、今日発見したのは、福寿草の花。

これがやっと、だものな。

まだ葉っぱなど出ていないのに、地面から3,4センチのところ
まで顔を出したと思ったら、そこにひとつ花が付いている。


この色が好きでね。

タンポポほどの真っ黄色ではなく、黒みを帯びた黄色。
それも、蝋細工のような不思議な光沢をした黒黄色というのか。



それにしても、埼玉・秩父の山奥ほどではない場所なのに、旧友部
でも異常に寒い場所なのだ。日当たりだって悪くないというのに、
年中北風が吹き込んでいる。

いや、日本全体が寒いのかもしれないのだが、下の記事によれば
今や世界が『氷河期』に向かっているともいうのだ。

わたしゃ、ココだけが異常に寒いと被害者意識丸出しに思ってたの
ですがネ・・・・・。

●2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授
(2017年01月30日 16時00分 NEWSポストセブン)




こうも寒いもので、少しでもほっこりしたくて昨夜も映画の一本を
観てから寝た。

タイトルは『いつか読書する日』(緒方明監督 田中裕子 岸辺一徳
2005年公開)

ま、古い映画で、このような映画を知らなかったのだが、第29回モ
ントリオール世界映画祭 審査員特別大賞受賞、第79回キネマ旬報
ベストテン第3位という作品。


背景に介護、認知症問題、児童虐待問題などを折込みながら、ある事件
を経て50歳まで独身を通してしまった女性の恋物語。

派手さなど微塵もないが、その現実世界を細やかに映しながら、物語は
淡々と進行してゆく。


伏線となるものが支離滅裂といった映画評もあるにはあるのだが、「世の
現実」とは<そのようにして起こる>と達観出来る世代には、納得の行く
ものだ。

池辺晋一郎の音楽は、ある時はその一切を排して、坂道の多い町での牛乳
配達をする、主人公の息づかいだけで見せる。

いわゆる「後引く」映画で、そこはかとなく、その余韻が心地良く残ったな。


●「町」の映画 2005/9/6 17:21  by    adys   (ぴあ『映画生活』のページから)

●『いつか読書する日』予告編 (2005年)




人気ブログランキング      

よろしくお願い致します。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 7 9
10 11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
(09/16)
(09/15)
(09/12)
(09/08)
(09/06)
(09/04)
(08/27)
(08/24)
(08/23)
(08/19)
(08/14)
(08/12)
(08/11)
(08/09)
(08/05)
(08/04)
(08/03)
(08/01)
(07/31)
(07/30)
最新コメント
(09/07)
(07/29)
(06/17)
(08/24)
(10/11)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]