忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2325] [2324] [2323] [2322] [2321] [2320] [2319] [2318] [2317] [2316] [2315]
今週に中国を初訪問していた河野太郎外相。
つとに”タカ派”的物言いで、党内でも独自の位置を保って来てい
るのだが、外相就任後は、その役目を充分に承知してか、<ぶっ
飛んだ>刺激的な発言などはなく、安定的な仕事ぶりだ。


日中関係改善に向け、今回の訪問は精力的で建設的な行動だった
と思われるが、中国の潜水艦が尖閣水域を国際的には認められな
い、「潜航したまま」航行した事案など、日本を舐めたような振
る舞いにも、きちんと日本の主張を貫くなど、「相手外相に笑い
がない」など緊張した場面を惹起したのだが、言うべきことを言
ったということでは、目先ではどうあれ、外交的には正常化のた
めにはイイ仕事ぶりだったと思われる。


かつては、外務省の放漫な国費の浪費に舌鋒するどく異を唱えて
いた河野氏が、ここのところは、外交の効率化のために「外相専用
機」の導入を強弁するなど、ハテな?な発言もあったのだが、中国
訪問での外相任務遂行には賛辞を贈りたい。

ちなみに、外相がリクエストした専用機というのは、最大19席の
プライベートジェット機で1機74億円とか。こればっかりは、ア
ホ、というしかない。



さて、今日の話題だ。

●あの中国「堅物」報道官、河野外相と笑顔のツーショット 日中
ユーザーから反響が
(2018年01月30日15時54分 J-CASTニュース)



いやはや、記者会見で中国の公式見解を述べる、あの笑わない華副
報道局長と河野外相のツーショット写真には、ついニヤニヤさせられ
ましたね。

この華報道官が着任した時以来、個人的には"タイプ"だったもので、
羨ましいったらなかった。(一国の副報道局長に大変失礼ですが。)

その時は、ウチの家人は「そんなにステキでもないヨ・・・」と否定
的でしたが、どうなんだろ? 小学校時代の学級参観の時か何かに
教室の後ろにいた誰かのお母さんに似ているというのか・・・。

「笑わない」という言い方より、理知的というか、それなもので冷たく
感じるその雰囲気がイイのですね。

喋れば、日本に対し冷たく杓子定規に突き放すようなもの言い。

ああッ、ウウッ、キツーーーー。

でも・・・・・・、イイ。

別にMでもないんだけれど、この報道官の物言いがイイ。


もっと、もっとォーーー、という感じだったのに、笑顔だなんて・・・。


でも、中国政府のこの報道官という立場、外務省での勤務場所が変われ
ば、大使クラスなんだそう。



ガチガチに一党独裁官僚機構の締め付けがある中、笑わない報道官に微笑
みのツーショット写真まで撮らせるサービスがあったということは、河野
外相のキャラに中国政府が一目置いた、一つの証左なんだろうと思う。




●まさかそんな・・・日本が30年以上も中国をODAで支援していたなん
て=中国メディア
(サーチナ モーニングスター株式会社 2018/01/30 14:12)



目覚ましい発展で、今や覇権主義まっしぐらの中国がデカイ口を叩くたび
にイラついていた。そうなれたのも「誰のお蔭なんだ????」援助があった
ことを『まったく知らなかった』(中国メディアの今日頭条)というのが、
ついに、メディアでもこういうことを書けるぐらいに進歩したのだな、と
感慨深い。

相互信頼、真の友好のためには出発点となるような記事だ。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

今朝の読売新聞のコラム欄『論点』(2018年1月30日付)に、東京大学
名誉教授 大沼保昭氏による『中国に「王道」を説くべき時代』という論考
が掲載されている。

氏は「超大国・中国と敵対するとき、日本の安全もあり得ない」故に(日本
が)「覇道でなく王道を強く説き続けることが重要」と言う。

(この記事は、読売新聞WEB版で読売プレミアム会員に登録すれば読める。)
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]