忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2268] [2267] [2266] [2265] [2264] [2263] [2262] [2261] [2260] [2259] [2258]
ブログ更新が10日も空いた。


ちょうど先週の日曜日から3日間は、家回りの生垣やら立木の
剪定作業に追われ、ボロボロになった・・・。


揚句の果てに、3日目の火曜日の昼過ぎには、目の前の昼飯が
ノドを通らず、ついにダウン!?

塩分不足による熱中症になった。
(結果的には軽かったのだが、その時には、初めての体験ゆえ
”天国行き?”の感触だってあった。)


テレビのCMで、以前熱中症に罹ったことのあるトコロさんも
言っているが、ホント、突然に”その時”は来るもんだネ・・・。



ウチの場合、出産準備で娘が5月から帰って来ていたから、あ
まり物音を立ててはイケナイと思い、また、梅雨の時期の剪定
で、庭木の切り口から病原菌が入ってはマズいとの思いもあっ
て、剪定作業をせずに、3か月も伸びるに任せていた。

それで、焦りもあり、大車輪で作業を急いだことが身体に負担
を掛けたのだろうナ。


ジリジリと焦がすような太陽がなく、曇り空が続いているのだ
が、季節は夏に違いないから油断大敵!!熱中症には気をつけ
ましょう。



さて、今日の話題。

●毒蛇にかまれ男児一時重体=住宅地公園でー兵庫
(2017年07月30日16時48分 時事通信)



昨日、子どもがヘビに咬まれ重体の記事を読んでいて心配して
いたのだが、今日の記事で「回復」したとのことで一安心だ。


それにしても、『遊んでいたところ、蛇に右手首をかまれた』と
記事にあるのだが、通常蛇が向かってくることなどないはずで、
まして60センチほどの体長というから、間違いなく逃げて行く
はずのところを、屈んでイジメていたんだろうな・・・。

ま、子どものことだから致し方ない。



当方が子どもの頃は、毒蛇といえばマムシだけで(ハブは本州に
はいない。)ヤマカガシは毒蛇の分類にはなっていなかった。

それでも、<ズムグリ>という恐ろしいのもいて、こいつは、我々
のシリの穴から身体の中に入り込み、腹の中を食い荒らす・・・と
いう恐ろしいものだった。


土台、皆んなパンツを履いているんだし、ズボンだって履いている。
それが、どこからどうして、シリの穴から入り込むんだか今となって
は不明なのだが、ある時、自分達5,6人の子ども達がそのズムグリ
に遭遇し、こりゃヤバ!!ということになって、代わる代わるそいつ
を棒切れで叩き、グロッキーになっているそれの尾を持って、思いっ
きり地面に叩きつけて、なぶり殺しにしたことがあった。


ズムグリ退治であったのだが、そんな『根拠』などどこにもなくて、
今思えば、ただの悪ガキどもの”生き物イジメ”だったと思う。

ちょうどあの、浦島太郎が止めに入った亀をイジメていたガキどもと
同じだったのだナ・・・。


さて、今日の記事の事案は詳細は不明だが、好奇心旺盛な子ども達が
蛇をイジメていて、その逆襲にあったのだろうと思う。

ま、TVゲームなどインドアな遊びだけでなく、こんな子どもが達が
いたことにちょっと安心もした記事だった。(すべて、「回復」があっ
たからの話だが。)



昨日のある新聞コラムにも、<生き物>がらみの話題があって興味深く
読んだ。
なかで、養老孟司さんの話を紹介している件には、当方も賛意を抱いた
のだが、ホント「殺生の後ろめたさ」を持っていることが、周囲への
気遣いの基本だとあらためて思う。

●7月29日 日報抄 (新潟日報2017年7月29日付 コラム)




人気ブログランキング      

いよいよアブラゼミが煩いぐらいに鳴き出した・・・。

地名が松山という場所なもので、昔は松が一杯の場所だったのか、なに
しろ、庭の植木の葉にもセミの抜け殻が付き出す頃になった。

猫の額ほどの庭を歩くだけで、バタバタとアブラゼミが逃げ出す物音が
しょっちゅうだ。


セミのことはともかく、2週間ほど前のガンガン暑い日には、家の前の
アスファルト道で、突然に30センチほどもある亀に出遭った。

どこから歩いて来たのか??????

もう、小学生の子などほとんどいなくなったしまった住宅地なのに、どこ
から来たのか、地熱の暑い道路をノソノソとだ。

なんぼか保護してやろうかとも思ったのだが、ミドリガメが大きくなった
ヤツなら、これからだって大きくなるだろうから、見過ごすことに。

散歩の為に手に持っていたペットの水を、顔にかけてやったら、サッ!と
思いのほか素早く頭をすっこめたから、元気だと悟りそのままにした。


1時間ほどして戻ると、もう元の場所に姿はなくてどこに行ったか???

一番の心配は、車に轢かれることだったから、まずは安心。



まあ、今の世の中、何があるか判らないとホントそう思う。


引っ越して来て30年以上経つが、家の前で亀に出遭った初体験の日。


PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 9
10 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
(12/14)
(12/13)
(12/12)
(12/11)
(12/08)
(12/06)
(11/18)
(11/14)
(11/10)
(11/08)
(11/07)
(11/01)
(10/31)
(10/30)
(10/25)
(10/20)
(10/17)
(10/14)
(10/08)
(10/04)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]