忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2394] [2393] [2392] [2391] [2390] [2389] [2388] [2387] [2386] [2385] [2384]

今日は、当初ある方に、13時に事務所に来ていただく約束が
あったのだったが、1週間ほど前の買い物のおりに、家人が貰
って来たパンフを見てしまったもので、昨日だったか急遽変更!!

そのパンフのことが終わった後に、こちらから先方事務所を訪
問することにした。


で、そのパンフというのが、演歌歌手市川由紀乃さんが新曲
キャンペーンで、地元のショッピングセンターに来るというも
のだった。

普段だと、そんなものに関心を持つことなどないのだが、どう
いうわけか、「市川由紀乃」さんだけにはククッと針が振れる
んだナー。


ミーハーといやあ、ミーハーなんですけれどね。

家人もその辺のことは憶えていたみたいで、本人自体は、演歌な
ど拒否反応が強いのだが、連れ合いの「市川由紀乃」好きに、つ
いペラペラのパンフ一枚を落とさず、家まで持って来てくれたの
だった。

おおっ、ありがたいことだ。



むかぁし昔は、こちらも販売促進の部署に所属していたもので、こ
う言った新曲キャンペーン・ミニミニコンサートの「係員」によく
駆り出されたものだった。

青春時代の歌手名で言えば、柏原芳恵、河合奈保子、岩崎宏美さん
などなど・・・。

柏原芳恵さんのイベントではファンが殺到して、ショッピングセンタ
ー駐車場のフェンスが倒壊した。(我が思い出の歌は『春なのに』)

河合奈保子さんの折は、雨天で急遽会場が室内に変更となり大混乱。
あわや将棋倒しの大惨事寸前にもなったな。

岩崎宏美さんの『聖母たちのララバイ』新曲キャンペーン時は、当方
は岩崎さんの立つステージの真下に待機し、追っ掛け親衛隊の突撃か
ら防御する役を務めたこともあった。
ご本人とのその距離、2mぐらいだったか?
彼女、その後のテレビで、コロッケさんなどのオーバーな物まねの餌
食になったが、本物の当時の岩崎さんはやっぱ、奇麗だったなあ。

フツウの人とは肌が全然違う感じで・・・・・。




おっと、今日は市川由紀乃さんのことだった。

今日は火曜日。
普段だとショッピングセンターの駐車場は、結構空いている場所はある
のだが、ところが今日は何処を探しても空きスペースがない。

と、向かいの公園の脇の道路にも縦列駐車の列が延々だった。


2018年の紅白は惜しくも落選してしまった(原爆Tシャツ騒ぎで出
場見送りとなった白組の一組減で、急遽に紅組も1組減らしのワリを喰
らったのが市川由紀乃さんと言われている。)が、ま、いわゆる元紅白
歌手の貫禄で、我が地元のショッピングセンターが熱気ムンムン、大盛
況となった。

行く前に、市川由紀乃さんの”復習”として、テレビの録画だけしてあった
番組を、部分部分2倍速で観て出発!!

●2018年11月28日(水)放送
『歌のあとさき 「市川由紀乃~特別編~」』(NHK-BS)


デビュー以来今年が16年目、4年半のブランクの後やっと日の目を見た、
苦難の演歌そのもののような人生だ。
それゆえなのだろう、ご本人の持ち歌の外にも聴くものをしみじみとさせる
味わいを持っている。


当方が好きなのは下の歌だ。オリジナルは50年ほど昔の男性歌手の歌なの
だが、ちあきなおみさんがカバーし今でも支持される息の長い歌。

●『帰れないんだよ』 作詞:星野哲郎 作曲:臼井孝次

それを市川さんもカバーして、いい唄になっている。


作詩は歌謡界の泰斗・星野哲郎の手がけたものだが、作詞家になるべく上京
したが、まだまだ困窮の中にあった氏の自伝的フレーズと言えるものだ。


ちあきなおみさんの唄は名曲になっているが、どこかで歌わせてもらおうと
伴奏の楽譜を探したが見つからず、やっと氏の作品集の中に見つけた時は嬉
しかったな。

■星野哲郎作品集『艶歌演歌援歌』中央アート出版社



では、その『帰れないんだよ』を市川由紀乃さんの唄で。

●『帰れないんだよ』 唄:市川由紀乃 (YouTubeより)



最後にもう一度書くが、市川由紀乃さんの子供時代の両親の離婚、兄妹
2人と母親との母子家庭、長じて障害者の兄の死、歌手生活の挫折と引退、
ブランクの後の芸能界復帰・・・・・・、苦難の人生を潜り抜け、今大輪
の花を咲かせつつある。
今日はトークも一人でこなしながら、立派なステージでした。




人気ブログランキング    
よろしくお願い致します。

夕方には、他館借り出しの返却日厳守の本の残り60ページほどを読んで、
返却。
昨年末の頃、テレビの『情熱大陸』で放送された、パンダ飼育員として中国
四川省の研究施設で働く女性の本だった。

3歳の頃に祖母から貰ったパンダのぬいぐるみがきっかけで、パンダ好きに
なり、「パンダの仕事」を目標に突き進み、その幼い頃からの夢を実現させ
た女性の自伝だった。


それにしても、目標を目指して突き進むそのエネルギッシュさには脱帽だ。

大学で中国語を学び、中国の大学へ短期留学。その間パンダの研究施設へ
一人旅して”本物のパンダ”を至近で接触する機会を得る。

次には、独自に研究施設へ入所する糸口を探し、四川農業大学の卒業生出身者
に多いと判るや、その大学へ入学する手段を模索する・・・・。

いやはや、その行動力たるやもの凄かった。

■阿部展子 『パンダ飼育係』角川書店 2013年6月初版


今や野生のパンダは1600頭ほどと。また研究施設や動物園などに飼われてい
るのが約450頭ほど。
絶滅危惧種ともいわれるパンダだが、阿部さんのパンダの種の保存への情熱は熱い。

書名は「飼育係」と軽いが、中身のパンダを見る目は温かいがその深さは単なる
飼育員と言うよりは、研究者の域で深い眼差しに感服させられた。


●情熱大陸 2018年12月16日(日)放送 「阿部展子 パンダ飼育員」
  (毎日放送)





PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]