忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2347] [2346] [2345] [2344] [2343] [2342] [2341]
予報だと次の日曜日は、雨模様の天気になりそうだが、今日あ
たりはポカポカ陽気で、何をやるにも動きやすい気持ちの良い
日だ。

犬の散歩などにもグッドな陽気。


そんな日に、ひょんなことで下のような記事に出遭った。

●犬の散歩中の事故、飼い主に1284万円支払い判決とその余波
(2018年04月13日11時00分 NEWSポストセブン)




googleアラートで、自分の守備範囲と思うニュースは拾うように
しているのだが、この記事は初見だった。

慌てて、最高裁の判例検索ページにあたったり、3月23日付ニュ
ース記事も見てみたりしたが、ざっくりと俯瞰しては、コトの顛末
が判り易いのは上記の記事だった。


それにしても、定年後寄り添うように暮らす老夫婦にとり、家族同然
に飼っていた愛犬により引き起こされた生涯最大の災難。

それでも夫婦は、それを静かに受容し義務を果たそうとしているとい
う。


なんともやり切れない事件ではありますが、「たかが犬の散歩」と言っ
て、一旦コトが起きたら、大変な責任と経済的負担が突然に重く圧し掛
かることを、教えられた事件でした。



主な教訓を上記事件から紐解くと、①普段しつけが行き届いた犬であって
も、突然、飼い主の意図に反し豹変することがあること。しかも、リード
引きが子供であったり、高齢者であった場合、飼い犬の制御が困難になっ
てしまう事態もあり得ること。

②事故被害者がランニング中の40代男性。身体が健康で、ランニングに
精を出すほどスポーツ好きであり、四肢の制御に万全の人でも、不測の事
態が生じた際にはバランスを崩し、思わぬ事故の被害者になってしまうこ
と。

その人の進行方向で怒りの素振りの柴犬がいることを視認し、それを避け
ようとした矢先、突然予期せず飛び出したダックスフント犬に慌て、足を
踏み外しタタラを踏んで側溝に落ちてしまった。

③1284万円という法外な損害賠償金に思えるが、まず受傷直後6日間
の治療費及び入院費、付き添い看護費用もあったかもしれない。10か月
に及ぶ通院期間の治療費、休業補償費(仕事を休んで通院した場合。また
通院後出社したとしても、通院した時間の休業補償等),通院交通費、文
書費、通院慰謝料。

その後、利き手の右手の可動域が狭まった後遺障害補償。
逸失利益の根幹だが、後遺障害別等級表・労働能力喪失率表による第10
級<1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの>に該当し
たかもしれない。461万円、労働能力27%の喪失と認定か。

例えば、幅50センチの側溝に、突然転落する場合に側溝に沿って「真横」
にウマく転落するとは考えられないから、落ちるに際し、側溝のコンクリ
ート縁に他の手足、顔を打撲したとも考えられ、顔に治療後に傷跡が残って
しまったような場合や、左手及び両下肢にも右手より軽微であっても障害が
残っているような場合、後遺障害の「併合」が勘案され、等級の重度増しと
なり補償額は増える。

また加えて、後遺障害慰謝料も発生。被害者がまだ40代男性とあるから、
受傷時から簡易生命表により平均余命を勘案。学歴別賃金センサスも照合。
ライプニッツ係数なども照合して慰謝料を算出する。



善良な老夫婦が、三顧の礼を尽くしてお詫びをしても、それで利き手の右手の
可動域が狭まったことは、決して元には戻らない。

(初回に詫びに行った人が、顔を見れば変わらなく見えても、その後、事務職
だった人が右手が使えず書類を作れないとか、現業職だった人が重い荷物を持
てないとかフォークリフトの運転が出来ないとかで、建物の掃除など軽作業の
場所に意に反し職場転換させられていたりと言った、人生の大転換をさせられて
いるかも知れないのだ。)

厳密に手繰った訳ではないが、今回の裁判記録が裁判所の判例として閲覧出来る
状況にはないから、あくまで想像の域、経験則の域での話とはお断りした上で、
書いておきたい。


いやな言い方だが、不法行為により他人に損害を与えてしまった場合、その償い
は金銭による補填にしかない、と新ためて考えておかねばならないと肝に銘じな
ければならない。


そうでなくとも、ギスギスとした今の世の中、「ゴメンなさい・・・。」「申し訳
ない・・・・。」だけで済まない。


健康のためランニングをする。自己を律して昨日より今日、今日より明日に一歩
進歩した己を目指す・・・・、そういう人が増えている。

そういう人は、一般的に「なあなあ」でコトを終わらすことでは気が済まないものだ。



犬も歩けば棒に当っても、「ゴメンなさい・・・。」では済まない時代なのだから、
やはり、犬の散歩一つにも身構えて、注意深い「お散歩」が肝要だ。

子どもと犬だけの散歩を見かけたりするたびに、ヒヤヒヤしてしまう。

「注意一秒、(自分にも相手にも)事故一生!!」



人気ブログランキング      
よろしくお願い致します。

昔、当方の知り合いの犬が隣家の生垣を潜って入り込み、そこの赤ちゃんをガブリと
噛んだ。

エライ騒ぎになったそうで、救急車は来るわ、パトカーは来るわ・・・!!


隣家と事後処理を話し合った知り合い、その足でワンちゃんを保健所に”連行し”早速
処分したそうな。ビックリするぐらいの速攻ぶり。


そのぐらい慌てふためき、気が動転したのだろうが、下手人、いや、下手犬はもう
「この世にいないから・・・、許して!!」

反省の態度としては悪くないのかも知れないが、ユルイ首輪のままにしていたアンタ
が悪い!!がオザナリのまま。


考えれば、おとととと・・・・っと言う間に、天国に召されたワンちゃんだって被害者
といえば被害者なんだナ。


全ての責任は飼い主にある。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
8 9 10 11 12
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新記事
(04/14)
(04/13)
(04/07)
(04/06)
(04/05)
(04/04)
(04/03)
(04/02)
(04/01)
(03/31)
(03/30)
(03/29)
(03/28)
(03/27)
(03/11)
(03/06)
(02/28)
(02/22)
(02/21)
(02/15)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]