忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2350] [2349] [2348] [2347] [2346] [2345] [2344] [2343] [2342] [2341] [2340]

『○○鉄』というほどではないのだが、濃度は薄いとは言え鉄道
ファンのひとり、とは自負している。


よって、男の子が生まれた時には「鉄道が好きな子」に育って
欲しいと願い、結構、好きになるようワザワザ<仕向けた>もの
だった。

東京・万世橋前にあった交通博物館には、小学校に入る前に連れ
て行ったりもした。


後で知った話、お隣に同じ歳の子がいたのだが、その子も両親に
交通博物館行きをねだったために、そこでも慌てて「連れて行っ
た・・・」と聞き、まったく罪作りをしたものだと反省したこと
もあった。


今ではどうなのか?訊いたことはないのだが、小学校高学年の
頃には、こちらがまるで知らない「大人の鉄道写真マニア」と
郵便でスナップ写真の交換までした時には、あまりの予想外の
ことに、コチラが度肝を抜かれたこともあった。
(そこまでしなくても・・・・、と。)




さて、今日の話題。

JR武蔵野線の列車、行き先「ジャカルタ」表示
(2018年04月07日15時10分 読売新聞)



今から振り返ると、当方のサラリーマン生活最後の職場となったの
が東京神田にあった事業本部の事務所。

ちょうど今頃の人事異動で動いたのだったが、職場は東京となった
のだったが、自分の居所となるのは、JRの駅で言えば東浦和にある
10階建てほどの単身者の寮と決まった。

新潟県村上市にある事業所からの異動だったのだが、そこには村上に
来る前に埼玉県内の職場にいた同僚がいて、「あそこは、武蔵野線
沿線なんだよね・・・。」と。

全国の主だったJR線は知っていたつもりだったが、「武蔵野線」と
いう名は初めてだった。


ま、そんなこんながあり、やがて、JR武蔵野線で一駅、南浦和まで行き、
そこで京浜東北線に乗り換え神田駅までの通勤が始まった。


寮からは、12,3分の徒歩で東浦和駅に着き、武蔵野線でたった一駅
南浦和駅まで。
毎日毎日ラッシュアワーのホームで京浜東北線を待ち、南浦和が始発の電
車でも、乗客が物凄い勢いでなだれ込むから、めったに座れることなどな
かった。
帰りは帰りで、夜の10時、11時ごろに南浦和のホームにたどり着くと、
ホームは黒山の人、人、人。
退勤時間は夜6時頃からマチマチだろうから夜中近くでもスクことはない。
夜中近くになると、列車の本数も間引かれ、到着間隔も長くなるので、ホー
ムにはイヤと言うほど人が溜まるのだ。

まあ、何とも地獄のような出退勤だったな。



それにしても、今日のネット記事の見出しの「JR武蔵野
線・・・」
という文字だけで反応してしまった。

苦い思い出しかないないというのに。


でも、電車そのものに恨みはないから、インドネシアに行っても<日本品質>
で、もうひと頑張りして欲しいよね。




人気ブログランキング     
よろしくお願い致します。

ネットにJR武蔵野線を歌った歌を発見。
まだ、のどかな頃の同線のようで、当方の感じたものとは違うのだが、一応
リンクしてみた。

●【オリジナル曲】武蔵野線 -Macに歌わせてみた (nicovideo より)

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]