忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2185] [2184] [2183] [2182] [2181] [2180] [2179] [2178] [2177] [2176] [2175]

2016年も、あと残すところ一日となった。


今日あたりも、振り返ればさしたる仕事をした訳ではないのだが、
まあ、時間に追われながら、細々とした正月準備に追われたな。



まったくの予想外はおととい夜の事態だ。

28日夜の茨城県北部を震源とする地震の発生のこと、だ。
一時は年末・年始に<災害支援相談>の任務に出動!?かと、身構え
た瞬間でもあった。


今年は茨城県行政書士会で、昨年の関東・東北豪雨による常総市地
域の大規模水害を教訓に、社会貢献の一環として<災害支援相談員
養成>研修に取り組んだのだが、当方もそれに応じて参加した。

その出動機会一番目になる恐れだってあったのだ。


地震は午後9時38分頃だったが、その直後からNHKでは臨時地震
情報報道一色になった。

震源の高萩市で震度6弱、その南隣に位置する日立市で震度5弱。


すわっ、エライことになってはいないか?
今年は我が家の二人の子の結婚式にも夫婦で出てくれた、弟夫婦の
安否確認に、日立まで電話を入れた。

「ああ、大丈夫だ・・・。」とのことだったが、壁に付けていた額
が落ち、テーブルの上の物が床に落ちた・・・・と。

まあそれぐらいのことで済んで、まずは一安心。


報道によれば、5年前の東日本大震災の「余震」とのことで、2,3
日は同規模の余震があるかも知れないと。

それにしても、正月3が日に「災害支援相談」のために出動などという
事態にはならずに良かった。
一時は、出動時のヘルメットの支度まで過ぎったものな。


●茨城県北部震源、高萩市で震度6弱・・・2人けが
(2016年12月29日08時28分 YOMIURI ONLINE)





さて、この28日夜の地震直後には、偶然茨城県常陸大宮市に居合わせた、
NHK『おはよう日本』でスポーツ担当をしている森花子アナウンサーも、
臨時地震情報報道に引っ張り出され、午後10時台に電話口に出て<茨城
県常陸大宮市の現地情報>を発信していた。


NHK臨時地震情報の放送中、再三流れた地震後の水戸放送局局内の様子で
は、黒いコートを来た女子が慌ててコートを脱ぎ、赤いセーター姿になっ
た様子や、これまた慌ててネクタイを締める男性(アナウンサーらしい)が
映った。
これは、一度退勤していた放送局員が、地震発生により「報道のため」再度
出勤した模様らしいが、聴くところによれば、アナウンサーや放送スタッフ
は、水戸市大町や五軒町など、水戸放送局近辺に住むのが義務という。


その伝で行くと、先の常陸大宮市の、夫の実家に帰省していた森花子アナウ
ンサーも、28日から休暇に入っていたのだろうが、急遽「現地からの報道」に
駆り出されたと思われる。




なぜ森花子アナウンサーを書いているかというと、当方らの出身大学では数少な
いアナウンサーであるから。
つまり、当方の後輩にあたるのですヨ。

森花子アナの妹の森葉子さんも同じ大学出身で、テレビ朝日のアナウンサーだ。
妹さんは、前にレギュラー放送されていた『なんでも珍百景』のMCだった。

森花子アナは、先だってのリオ五輪開会式を阿部渉アナと一緒に担当していた
から、思い出す人も多いでしょう。



森さんは、既婚者でお子さんも一人。

NHK『おはよう日本』のスポーツ担当で、ま、余計なお世話ですが、水戸から
東京勤務になってから<お子さんの世話は誰がしてるのだろう?>と心配して
いたのでしたが、28日の地震速報ニュースで合点が行きましたね。


ご本人は単身で東京勤務。
旦那さんとお子さんは、常陸大宮市の旦那さんの実家に住み、旦那さんはそこか
ら仕事場へ。お子さんは旦那さんの親御さんが見ているということのようだ。

それで、久々夫婦・親子水入らずでのお正月を迎える準備の日の夜に、突然の
地震!! 東京の放送センターから<地震発災直後の常陸大宮市の様子をレポート
せよ」の指令・・・・・・だったのだろうか?

放送の世界もツライよね・・・・。



地震翌朝の読売新聞のコラム『編集手帳』欄で、俳句の季語に「年の港(湊)」と
いうのがあるのを知った。

その部分を引いてみよう。

  『・・・(略)・・・・◆きのう、きょうが仕事納めで、ふるさとに帰って
   正月を過ごす人も多かろう。年末を指す「年の港<湊>」という季語が
   ある。迎える年の出航まで、しばしの休息を得て港のドッグに帰る船の
   ような心持ちに違いない。・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・』
    (2016年12月29日(木)付 読売新聞『編集手帳』欄 抜粋)


森アナウンサーは、27日夜に茨城に帰ったか、はたまた地震発生の日の昼間
に帰ったのか、単身赴任の妻(母)を郷里の実家で迎えた夫と子は、久々に水入
らずで過ごす正月を前に、幸せな時間を噛み締めることだろう。
この方の暮らしと、奇しくも知った「年の港(湊)」の季語が重なった。


28日夜の臨時地震情報報道の一コマで知った、同じ大学出身者の、遣り甲斐
はあるのだろうが過酷な人生ドラマの、一端をかい間見た思いがした。



当方だって、大学まわりの凍るような夜道、相手を下宿へ送る道すがら、見上げ
た冬の星空の記憶が蘇る瞬間がある。

そうして40年もの月日は流れ、相手は今もソファの脇で寝こけていたりするの
だが、やはり、同じ場で出会い、同じ時を生きた"同志感"というのは、格別なも
のがあるものだ。



今年も明日一日を残すのみ。
年が明けるとまた、齢ひとつを重ねることになる。



人気ブログランキング      
ランキングに参加中、よろしくお願い致します。

季語「年の港(湊)」は、手元にある『合本俳句歳時記 新版』角川書店編には
なかった。国語辞典の『大辞林』第2版にもなし。『広辞苑』には(年のゆきはて
るところの意)とあり、年の瀬と表示。

『カラー図説 日本大歳時記』講談社版の「冬巻」には季語としての表示はあっ
たが、例示句は残念ながらなくて、【年の暮れ】【年の瀬】の句が多い。

今年もあと一日。











PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 9
10 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
(12/14)
(12/13)
(12/12)
(12/11)
(12/08)
(12/06)
(11/18)
(11/14)
(11/10)
(11/08)
(11/07)
(11/01)
(10/31)
(10/30)
(10/25)
(10/20)
(10/17)
(10/14)
(10/08)
(10/04)
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]