忍者ブログ
 この仕事に人生を賭けてます! 伊能忠敬の「人生二山」が好きな言葉。 実り豊かな第二幕目の人生の歩みing型。 黒田真一が人生の旅人として日々の雑感を綴ります。
[2307] [2306] [2305] [2304] [2303] [2302] [2301] [2300] [2299] [2298] [2297]
今日は1週間ぶりの八反山散歩。
12月の「歌声広場」も近づいて来たため、腹式呼吸の調整の
意味もあった。


風もなくイイ散歩日和ではあったのだが、いつものコースの半ば
あたりの田んぼ付近には、こちらが気持ち悪いぐらいのカラスの
群れが・・・・。

こちらが「ひとり」に対し、相手のカラスは30、40羽もいたろ
うか?
ヒッチコックの映画『鳥』のシーンが過ぎり、歩きながらも身構
える。

ったくもうーーー、襲われたら????????


田んぼの乾いた表面に降り、何か探しているのだろうか?エサに
なりそうなモノがありそうにも思えなかったが。


また、散歩道にかかる大きな木の何本かの、葉のない枝に数羽が
止まっていて、コチラが歩いて行くと、また、道の先の別な木の
枝に移る。


どこかへ行けばイイのに、上からコチラの様子を伺い、安全距離を
保つように移りやがる・・・・・。

たかがカラスなのだが、コチラがひとりだとやっぱり、いい心持ち
ではなくなる。



そんな道をやり過ごしてしばらく進むと、左手の、割と頻繁に耕作
を続けている畑の真ん中に、一本の棒切れが立っていて、しかもそ
の先っぽ近くに、30センチほどの黒い物体が括りつけられていた。


先ほどは風も無い日だと思ったのだったが、その棒切れの物体を見
ると、ジッとはしていなくて、かすかに風に揺れていた。


もう何年も散歩コースにしている道だったのだが、こんなキテレツな
ものがぶら下がっているのは初めてだった。



ひとの畑の中まで入ったことも無かったのだが、今日は初めてその
物体を確かめるために、その畑の通路に入り込み、「棒切れ」の近く
まで行ってみた。


それは、クビの辺りをひもで巻かれ、ぶら下げられたカラスの死骸だっ
た。



散歩途中で、春先、夏場、秋の稲刈り時期など、どの季節にも見掛ける
仕事熱心な農家の方の畑だった。
おじさんひとりで、雑草刈りに精を出していたり、またある時はご夫婦
で菊の花(友部は菊の花の産地だ)の取入れだったりと、間違いなく勤
勉で物静かな方々だった。


その方の畑で、カラス達への「見せしめ」としての死骸のぶら下げ。


少し驚いた今日だったが、そのぐらいまで、カラスの仕業が我慢ならない
ところに来ていたのだろう。



シロウトのコチラが通り過ぎるだけの、何の変哲もない、耕し済みで綺麗
になっている黒土の畑。

ところが蒔いた種を喰い荒したり、発芽までの温熱効果を企図したビニー
ル幕を掘り起こしたり・・・・・・と、労力を懸けた作業を無にする様な
カラスの悪行の数々が再三だったのだろう。



死骸の吊るし首など、マカロニウエスタンかギリシャ・ローマ時代を扱った
映画でのことが思い出された、何とも一見残酷な場面だったな。

それと、農家のおじさんの怒髪天の腹立ちにも同情したけれど。



●畑の近くにカラスの死骸を吊るす意味は何?
(YAHOO!JAPAN知恵袋)




人気ブログランキング       

よろしくお願い致します。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ようこそ! くろだのブログへ
    
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 11 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
5596DA(ゴーゴークロダの意)
性別:
男性
職業:
行政書士
趣味:
山歩き、自然散策、ドライブ
自己紹介:
ISO14001環境マネジメントシステム審査員補
日本自然保護協会・自然観察指導員
浄化槽管理士
日本森林学会会員
福祉住環境コーディネーター
茨城県介護サービス情報公表制度・調査員
茨城県動物愛護推進員
上記もろもろ、兼 おっさん。
MY OFFICE in KASAMA
黒田真一行政書士事務所
いばらき動物法務研究室
忍者ブログ、アクセス解析
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
茨城県行政書士会のHPへ
茨城県行政書士会へ
QRコード
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]